カケホとテレホ

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 19:04
携帯電話大手三社の料金体系は、ほぼ同じである:
docomoのカケホーダイauのカケホSoftBankの通話し放題

これらは、月額4,200円でどこへどれだけ電話をかけようと無料になるというプランである。二年間解約しないという特約をつければ、2,700円まで下がる。携帯の通話料金は30秒20円くらいだったと思うので、ひと月に一時間以上の通話をするならば元が取れる計算になる。

他方、NTT東日本では未だに「テレホーダイ」がサービスとして存在している。これ
「市内通話の範囲内で、通話先は事前に登録した二つまで」という制限があるだけでなく、「23時から翌朝8時まで」という時間制限まであった。ダイヤルアップ接続が主流だった1990年代後半までは、これを使うのが当たり前だった。料金は月額1,800円(税別)。

・2,700円(税別)で、携帯電話からどこへでもどれだけでも通話できる
・1,800円(税別)で、固定電話から二つの登録先(それも市内)へ23時から翌朝8時まで通話できる

どちらが得かは明らかである。有線(固定電話)と無線(携帯電話)でどれだけ通話コストが異なるのかはわからない。だが、安定性は有線が上回る。有線での「カケホーダイ」はどうして提供されないのか、全くもって理解できない。

小さな分母を探す・その2

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 19:32
その2と称する以上は前回があり、こちら。そしてその戦果、これ

現在、着目しているのは、これ:
201804.jpg

どこへ行っても「カード、カード」の昨今。コンビニはその筆頭でセブンイレブンはnanacoカード、ローソンはPontaカード、ファミマはTカードである。ミニストップとその親分のイオンは迷走していて「WAONカード」と「WAON POINTカード」の二つを出している。古いのは「WAONカード」。

他にも楽天ポイントカード、楽天Edyなんてのもある。

これらは大まかに二種類に分けられる:
・カードに現金をチャージして、その金額の範囲内で買い物ができるもの(チャージ型)
・単にレジで提示するだけで、利用金額に応じたポイントが貯まるもの(単なる提示型)

「nanacoカード」「WAONカード」「楽天Edy」は前者で、他のPontaカードやTカード、楽天ポイントカードは後者に該当する。ただ、楽天ポイントカードと楽天Edyは1枚のカードに収まっていることが多く、この辺りは「巧者」とも言える。

問題はイオン系列の「WAONカード」と「WAON POINTカード」での二つである。どちらも200円の利用につき1ポイントなのだが、前者はnanacoカードと同じく「チャージ型」で後者は「単なる提示型」である。カードの登録を行えばポイントの合算や家族や知人の間でのやり取りもできるようであるが、煩雑である印象は否めない。

小生は通常、デビットカードで買い物を済ませている。現金を使うのはディスカウントストアや駅の券売機、缶飲料の自販機くらいである。松屋の食券もそうかな。なぜならデビットカードの場合、利用金額に応じたポイントが貰えるからである。小生のはりそなデビットカードなので、JALのマイルが貯まるかたち。ローソンやファミマを利用する場合は、PontaカードやTカードを提示してからデビットカードで精算している。ポイントの二重取りという奴である。

別にコンビニに限った話ではない。紀伊國屋のカードもあればドラッグストアのカードもある。Tカードや楽天ポイントカード、Pontaカードの使える提携店であれば、同じようにして使っている。以上、経済弱者の生活の知恵。

ここで話を「WAONカード」「WAON POINTカード」に戻す。

ミニストップというのは大手のコンビニではないので、使える範囲が小さい。クルマを持っていればイオンモールの利用も可能だが、生憎、小生はクルマを持っていない。ただ、仮にイオンモールを使えるような状況であったとしても、「WAON POINTカードを提示してデビットカードで支払う」という決済方法を選ぶと思う。「WAONカード」で支払うよりも明らかに得だからである。

故に、イオングループは上記イメージファイルのようなキャンペーンを展開するのだと思う。この種のキャンペーンは今回が初めてではない。

201803.jpg

201801.jpg

201607.jpg

201407.jpg

以上、時系列。一番下のファイルは冒頭のファイルとそっくりである。そうして、これまでのキャンペーンと比較すると、今回のキャンペーンの特典は破格である。

・イオン銀行に口座を持っていること
・WAONカードを持っていること
WAONのオートチャージが初めてであること

この三つ目のハードルは大きい。一つ目と二つ目のハードルも小さいとは言えない。少なくとも2014年の同種のキャンペーンに応募した人は、応募対象から外れる。加えて、「WAONカードで支払う」という人の絶対数が少ない。

当たるかな?

皐月の憂鬱

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 19:35
内田樹先生のTweetより




アベについても、ああいう形でしか物事を表現できないことについて、憐憫の情しかもはや出てこない。

そうして、今月は実は小生の誕生月である。一度も利用したことのない店やサービスから、「おめでとうございます」と山のように届く。プレゼントとしてついてくるのは、クーポン券だったり今月限定で使えるポイントだったり。要は自分で何かを購入せにゃならんのだ。鬱陶しい。

さて。

スマートスピーカの続きである。実に、昔のビデオ予約と対照的である。「何曜日の何時から何時、チャンネル、録画モード(標準か三倍か)」を入力する必要があった。面倒ではあったが、機械に動作を指示する方法としてはAIよりずっと確実だった。

少し話を外れる。ある場所に自分ともう一人しか人がいない場合、何かの言葉を発すれば、それはもう片方の人を聞き手として想定している。聞く側も「自分が解釈しなければならないのだ」と当然に理解する。この会話以前の情報の共有が、スマートスピーカ相手には通じない。

部屋にいるのが自分だけの場合、聞こえてくる人間の声をスマートスピーカは自分宛のメッセージだとわかってほしいものだが、そうはならない。要は数学の問題よろしく、厳密に条件が設定された状況の下でしか、現状のAIは使い物にならない。

「そろばんは計算をするときには有用であるが、その計算結果を記録するには別に保存方法(PCでもいいし、紙とペンでもいい)を用意する必要がある」このことを使う側が認識しておく必要がある。逆に言えば、それすら認識しておけば有用なツールでもある。

また、AIが優秀になってきたといっても、将棋をするAIと音声認識をして何かの対応をするAIは別物である。誰かと将棋や囲碁をしているときに「Alexa! 次の最善手を教えて」と頼んでも、何も教えてくれないはずである。

Hey? OK? Alexa?

  • 2018.04.28 Saturday
  • 17:43
ま、どれでもいいんだけどね「小生は音声認識をアテにしていない」。面倒だからである。

まずもって二人称から始めないといけないところが、日本語と相容れない。そうして「〜に〜をして」と具体的に指示する必要があり、マシンが認識できるように明瞭に発音する必要がある。「そういえば、あれどうなった?頼むで」という日常的に使われる言い回しが使えない。

仮にうまく指示できたとしても、その通りに動作するかどうかを確認しなければならない。ルンバをはじめとする自走掃除機の制御も可能だというが、目的とする清掃が行われたかどうかを確認する必要がある「ならば、自分の手でゴミを拾うか掃除機をかけた方が早いではないか!?」。

小生は先日よりダスキンのモップレンタルを利用している。これ
届かぬところの埃が簡単にとれて、快適快適♪

ヘ?ーシック3.jpg

たとえ広瀬香美でも、こんな音域で会話をするわけがない。

  • 2018.04.12 Thursday
  • 21:25
img07_20110726.jpg

この種のイメージファイルを見ると、なぜこんなに不愉快な気分になるのだろうか。
上のイメージファイルは、楽天に出ている「英語マスターズクラブ」なるところから引っ張ってきた。同じサイトからもう一枚:

img04.jpg

この種の教材は揃いも揃って「12歳」を強調する。理由は単純である「購入しよう(サービスを受けよう)とする人たちに対して、『英語ができないのはあなたのせいではない』と思わせるため」。

「中学や高校であれほど苦しめられたのに、どうして自分は英語ができないのだ?」という問いにエクスキューズを与える。しかし、その人たちは試験前に少々苦しんだだけであって、本当に真正面から取り組んだのだのかという点で大きな疑問が残る。

また、12歳以降になると外国語を聴き取れなくなるというのであれば、現在、外交官をはじめ外国語を使わなければならない仕事をしている人たちは皆、12歳までに外国語に触れていたか、若しくはこの種の教材を使っていたとでも言うのであろうか。

小学校での英語の授業が増えているが、その種の思い込みをしている人たちの怨念だとしか思えない。アベの写真の出てくる道徳の授業よりもはマシだろうけど。

一番上のイメージファイルに戻る。この表によると、

日本人の発音の周波数帯域は、125hzから1500hz
外国人の発音の周波数帯域は、2000hzから12000hz

とのこと。ふーーーん。

ピアノの鍵盤と周波数を対応させるサイトがあった。音も出る。こちら

125hz → (表の47)B2あたり
1500hz → (表の91)G6あたり
2000hz → (表の95)B6あたり
12000hz → (表の127)G9あたり

外国人はこんなにキンキンとした音で会話をしているのかい?考えたらわかりそうなものだ。
少し弁護をするならば、欧米言語の話者は高次倍音を多く含んだ発音をすることが多い。ミュージカルが生まれた素地がそこにある。しかし、基音は大して変わらないはずである。男女差と年齢差はあろうが、そのくらい。そして、12000hzまでの音を殆どの人が聴き取れたはずである。日本語に慣れていると高周波の音が聴き取れなくなるわけではない。

では、英会話で意思疎通ができるようになるにはどうすればよいのか?
市販のリスニングテープで足りる。野球選手がバットの素振りをするように、繰り返し繰り返し。

動詞の原形

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 22:02
一つ前のエントリで触れた [reface DX] について。

この [reface] には四つの機種が用意されていて、他には [CS] [CP] [YC] がある。
それぞれ、YAMAHAが昔出した「デジタルシンセ」「アナログシンセ」「エレクトリックピアノ(エレクトロニックピアノではない)」「オルガン」の再現と、現在の技術をもっての機能の付加をしたもの。

[reface DX] のYAMAHAの動画:


冒頭「りふぁいす」と、オーストラリア英語で始まる。これは商品の紹介なので名刺扱いであるのは当然だが、[reface] とは動詞の原形である。ジーニアス英和辞典第5版:
reface.jpg

たったこれだけの説明。
よって、[face] を見てみる。これは基本的な単語なので説明が数ページに及んでいる。故にその「動詞」としての説明部分:
face-v.jpg

どうもすっきりしない。[reface DX] の [reface] とは、YAMAHAの造語だろう「もう一度、見てくれ!」。

今はYAMAHAでもRolandでもKORGでも、オールインワンシンセでは一通りの音がサンプリングされている。YAMAHAの音源で [Fantasia] が出せるし、Rolandの音源で [Piano 16] を出せる。KORGの音源で「DXのエレピ」を出せる。

ただ、[reface] シリーズは、できる限り音源をオリジナルに近づけている。つまり、プレイバックサンプラーではない。

「もう一度、見てくれ!」

英語で動詞の原形が冒頭に来た場合は、命令形である。YAMAHAからのミュージシャンへの問いかけであり、挑戦であろう。

My First DX

  • 2018.04.09 Monday
  • 20:20
DX100.jpg

先日、上の写真の中央にあるものがウチのスタジオに加わった。
既にDX7を再現したボードやらそのサウンドをサンプリングした音源やらがあったり、或いはTQ5という初代EOSのモジュールがあったり、SY99という6オペ16音ポリのFMを進化させた音源をもったシンセがあったりするのだが、[DX] は初めてである。

YAMAHAは現在、これとそっくりな [reface DX] というコンパクトキーボードを出している。こちら
これと比べると

・スピーカーがついていない
・重い(reface DX が1.9キロなのに対して、これは2.9キロ)
・ディスプレイが貧弱(128×64ドットなのに対して、16文字1行)
・エフェクターがついていない
・イニシャルタッチではない(鍵盤を叩く強さが検出されない)
・単二乾電池6本が必要(reface DX は単三乾電池で動く)

などなど、不利な点は幾らでも挙げられる。
但し、reface の37鍵に対して49鍵ある。3オクターブと4オクターブの違いは大きい。

今まではKORGの [707] をショルダーにして使っていた(上の写真の手前のもの)。これはイニシャルタッチだけでなくアフタータッチまで備えている。音源はデジタル音源とだけ発表されているが、4オペのFM音源であることは知られていて、これはDXの下位シリーズ(DX21、DX27、DX100)と同じである。そして、単二乾電池6本で駆動できる。しかし、重量は4.9キロもある。DX100より2キロも重く、reface DX の倍を軽く超える。

しかし、ショルダーシンセのキーボードについて言うならば、イニシャルタッチ(タッチセンス、ベロシティとも言われる)は然程重要ではない。そういうものが求められる曲であるならば、スタンドに固定されたキーボードを使う。

すると、707とDX100の違いは筐体と鍵盤だけということになる(鍵盤数は同じ)。ならば軽い方がいい。

そして時代を感じさせるのが「カセット端子」:
カセットの端子.jpg

このシンセは作った音色を外部メディアに保存する方法がない。MIDI OUT/IN を使うこともできるが、当時はそれに対応できるPCや単体シーケンサーは非常に高価だった。PCのゲームデータすらカセットテープに保存する時代だった。

これはDX100のマニュアルから抜粋したもの:
スクリーンショット 2018-04-09 16.32.47.jpg

でもって、当時のCM:



---
そして、話を現代に戻す。
このシンセは北海道から佐川急便で届けられた。

佐川テ?ータ.jpg

驚いたのは、中程にある「北陸中継センター」である。郵便もクロネコも、追跡すれば新千歳空港を経由していることがわかる。佐川急便は小樽と新潟を結んでいる新日本海フェリーを使ったのだろう。関西へ送るには敦賀や舞鶴を使う手もあるが、時間のかかる船はできる限り短い区間に留めたかったものと思われる。

先日、Amazonが送料を値上げした。郵便や宅配事業に携わる人たちの労働環境を考えると、当然である。よく通販事業者が「送料無料」という言葉を使っているが、これほど他者の労働を愚弄する言葉も珍しい。せめて「送料弊社負担」と記すべきである。

話を佐川急便がフェリーを使っていることに戻す。「陸地はトラック、遠隔地には空路を経由」という前提すら崩さなければならないほどの状況であることを表している。本州と九州、四国の間は関門トンネルや本四連絡橋などのトラックの通れる通路があるが、青函トンネルは鉄道しか通れない。

青函トンネルの通行に関しては新幹線が最優先され、寝台特急や一般的な路線は排除された。しかし、JR貨物の列車は通行している。貨物列車のために北海道新幹線は時速140キロまで落とさざるを得ない状況をもって、「貨物は撤退しろ」という主張がある。だが、それでよいのか。

「佐川『急』便」が船を使っているのである。インフラの整備されている鉄道貨物が見直されていい。

「プラグインボード(PLG150-DX・DR)売ります」。

  • 2018.03.23 Friday
  • 23:00
MU2000EX.jpg

拙宅のスタジオに収まっている「MU2000(EXに拡張済み)」である。ディスプレイはMacで加工したものではない、そのまま。つまり、液晶が壊れてしまっているのである。音は出るのでSMF再生マシンにはなるが、その程度。

で、わかる人にはわかると思う「プラグインボードスロットが三つとも埋まっている」。下のインジケーターが四つとも点灯しているのが、その証。

そこに何が入っているのかというと、
・PLG150-DX (2枚):詳細はこちら
・PLG150-DR (1枚):詳細はこちら

名前の通り、DX7の音源とドラム音源。DX7のボードが二枚であるので、DX1やDX5と同じように32音ポリになる。
ドラム音源ボードは反響音までステレオで収録している。

MU2000はこれらのボードを3枚刺せるというだけで購入したもの。DTMに興味はないし、GMやGS、XGの陳腐なサウンドを使う気にもなれない。

で、まぁ76鍵のFS鍵盤でDXボードを鳴らせばDX5となるし、ドラムボードは十分なクオリティ……、そんなふうに考えていた。スペックだけで選んでしまった失敗である。

小生の作る楽曲ではドラムスの役割は小さい。そして、DXボードを鳴らすための「76鍵のFS鍵盤」とはSY99であり、これはAFMというDX7の音源を発展させた6オペ16音ポリの音源を載んでいる。FM音源に関してはTQ5という、キワモノではあるが4オペ8音ポリのモノがある。

SY99の導入はDXボードを導入してから10年近く経った頃であるので、DXボードの購入が無駄だったとは言えない。言えないと思う。そして今後であるが、YAMAHAの最新機種であるMONTAGEはPCMの他に「8オペ・88アルゴリズム・128音ポリ」というとんでもない音源を載んでいるし、往年のDXサウンドは他社のシンセがヴィンテージサウンドの一種として収録している。ドラム音源についても、さらに優れたサウンドをより安価に調達できる。

てなわけで、「プラグインボード、売ります」。

PLG150-DX:24,000円(送料込み)
PLG150-DR:22,000円(送料込み)
MU2000:応相談

関心のある方は、このエントリにメールアドレスを添えてコメントを残してください。コメントは公開しません。教えていただいたアドレスに直接連絡致します。

私感

  • 2018.03.20 Tuesday
  • 13:46
前回のエントリからだいぶ時間が経ってしまった。

世の中に思うところがなかったわけではないし、本を読んで感じるところがなかったわけでもない。
ただ、何かを記そうとすると、それは大概このブログのどこかで触れていることと重なってしまうので、アップしなかっただけである。

国会の真っ最中。詰まらんし、くだらん。
片山さつきが先頭になって生活保護の不正受給を叩いているが、こんな国会を運営している方がよほど無駄ではないか。特に自民と公明、維新の議員。こんな茶番で報酬を貰えることを恥じないのだろうか。

そんなに安ぅないやん?

  • 2018.02.24 Saturday
  • 22:51
楽天モバイルのサイトより:
スクリーンショット 2018-02-24 0.04.19.jpg

「iPhoneはアップルストアで買ってきてくれ、通信費はウチで持つ」という楽天のプラン。先日、携帯電話事業に参入すると発表したが、いまのところはMVNO事業者。

大手キャリアでiPhoneを含む携帯電話機を購入すると、それなりの毎月の割引で安く購入できる。小生の手許のiPhone 8 Plus(256)だと、124,560円でアップルストアでの115,344円よりも1万円ほど高い。しかし、2,810円を24回に渡って割り引いてくれるので、実質は57,210円である。上の表の楽天のプランでは、iPhoneに消費税は掛かっていない。ユニバーサルサービスの料金も入っていない。

iPhone 8 Plus(256)で比較してみる。
(上が楽天、下が小生がSoftBankで使っているプラン)

本体価格(税込):
115,344円
57,210円

二年間の通信料総額(税別):
82,520円(税込みでは89,121円)
132,000円(税込みでは142,560円)

税込みで単純比較すると、楽天の方が4,691円高い。ただ、小生が利用しているプランには無料通話はないので、その分を加算する必要がある。だが、携帯での通話料金は一ヶ月200円にも達しない(小生の場合)。加えて言えば、小生の利用しているプランのデータ通信容量は7GBであり、楽天のそれより1GB多い。

二年間で楽天のポイントが10,000ポイントほどもらえると言うだけで、そのくらいのポイントは日頃のアクセスでもらっている。

こちらの手許:
スクリーンショット 2018-02-24 22.47.14.jpg

スクリーンショット 2018-02-24 22.48.28.jpg

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM