プライバシー?

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 20:23
拙宅のPRIVATE STUDIOを外側から:


ま、私道だから大きな問題にはならんのだけれども、外から丸見えというのは落ち着かない。
写真では左側だけがシースルーになっているが、右側もこんなのを貼付けていなければ、丸見え。右側にも貼っていたのだが、剥がれた。

そうして、何かいいものはないかと思って探していると、Yahoo!ショッピングにあった。これ
それまでのは断熱重視だったのに対し、これは視界を遮るのが目的。
貼り方も、水をスプレーして貼り付かせる同じ方法であるのだが、値段が一桁違う。しかし、それだけの質感の違いはあった。

結果:

債務・負債

  • 2017.11.20 Monday
  • 21:34
払わなければならないカネというものは、この国で生活を営んでいる以上、必然的に発生する。

スーパーやコンビニのレジなんて、その典型。商品やサービスの提供を受ければ、相応の対価を支払わなければならない。マルクスはここを研究して大著「資本論」を書き上げたのだが、ここではそこまでは考えない。

毎月、幾つもの債務が発生する。水道光熱費や家賃はその典型である。他にも通信費もあるし、交通費もある。もちろん食費もある。そういう中で一つ、小生には膨らんでいくばかりの債務が存在する。

それが何かを具体的にここでは書けないが、こちらが毎月受けるサービスとそれへの対価、その支払方法についても約束(契約)は取り決めてある。それは月ぎめであり、先方が定めた日に定めた額を、定めた方法で支払うようにしてある。

だが、サービスを受けた初月は無料であることはわかっているのだが、それ以降も引き落としがないままなのである。

こちらは常に引き落とされてもよいように、口座の残高は確保してある。しかしこのご時世である。残高を加算し続けるのは債務者にとって厳しい。この状態が続いて、いつかまとめて引き落とされるのだろうか。サービスの対価を支払うのは当然であるが、「引き落としを忘れていましたので、来月まとめて」となるのだろうか。

今のところは払えるけれども、これ以上増えると対応できんよ。

ウチのドアポスト(注意書き)・その二

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 23:10
2017-11-15 22.56.49.jpg

その一は、これ。妙なルックスのおばさん2人組(常に日傘を持っていて、白い手袋と手提げバッグ)は以前ので来なくなったが、日本語の読めないモルモン教の連中には通じなかった。

英文には嘘がある、宗教に興味がないわけではない。坊さんの知り合いもいる。だが、ウチのアパートのドアの前にきて「教える」連中には興味がない。宗教は名詞の「教え」であり、動詞の「教える」ではないのである。

在日外国人が増えたから外国人の犯罪が増えている?

  • 2017.11.11 Saturday
  • 18:25
中国のことを「支那」と呼んだりする人たちの主張。アホかと思う。

そりゃ確かに、ニュースで外国人の犯罪を見ることは多くなったと感じる。日本人というものの定義は難しいのだが(できない?)、暫定的に日本国籍を持っている人を日本人として、持っていない人を外国人と呼ぶことにする。

日本国内の外国人が増えているであろうことも、世間を見ていると事実だと思える。永住外国人なのか長期滞在外国人なのか、或いは短期か旅行かその辺りの違いはわからないけど。

では、日本国内における日本人の触法行為発生者割合をX%とする。同じく外国人のそれをY%とする。ここで、

X > Y

が成立するならば、外国人が増えた方が人口当たりの犯罪は減ることになる。X = Yならば、犯罪発生割合は変わらない。

問題は、X < Y の場合である。どこまでを誤差の範囲とするか難しいが、少なくとも二割くらいの違いがなければ、即ち 1.2X < Y を明らかに超えるようでなければ「外国人が増えるから犯罪が増える」とは言えないだろう。

別になんと言うことはない。「日本は大正時代と比べて人口が二倍以上に増えたから、犯罪発生件数も同じくらいの割合で増えた」というのと変わらない。国籍は関係ない。

朝三暮四

  • 2017.11.06 Monday
  • 19:48
昨夜、39,800円の商品をVISAデビットカードで購入した。小生のこのカードはJALと提携しているカードなので、200円につき1マイル貯まる。よって、199マイルが加算される。このマイルは10,000マイルまで貯めないと他のサービスや商品に交換できないのが難だが、このくらいならば理解できる範囲。

そうして、購入はYahoo!ショッピングを使った。そこに出店している店が「ポイント5倍」と宣伝していたので、Tポイントが1,990ポイント貯まる。いつも利用する喫茶店のモーニングであれば、三食分を超える。有難い。ここまでも、まぁ理解できないこともない範囲。4万円のモノを買って2千円近くの実用的なサービスとして戻ってくる、これは値引きに等しい。尚、39,800円と冒頭に記したが、これは価格.comでの最低価格であってYahoo!ショッピングや楽天市場の他の店、実店舗ならば5万円を超えて売られていることもある。事情はAmazonも同じ。39,800という数字は、仕入れ値から逆算すると限界値なのだろう。その限界値をどこの店もネットに出しているとするならば、ポイントのようなもので勝負するよりない。結果として小生は「199マイル」と「Tポイント1,990」を頂いた。

だが、話はここでは終わらない。

Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!:1,592ポイント
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン:1,990ポイント
Yahoo!プレミアム会員限定 掲載ストア対象ポイントキャンペーン:2,388ポイント


というものがついてきた「5,970」。これは使用期限が定められていて、Yahoo!関係の店でなければ使えない。使えないのだが、ヤフオクを使ってほぼ同額のAmazonギフト券に化けさせることができる。ほぼ6千円ともなれば相当な額である。

ここまでで、
・199マイル
・1,990ポイント(Tポイント)
・5,970ポイント(期間限定Tポイント)

加えて、Yahoo!ショッピングに行く前にPanasonicの「コインモール」というところに寄り道した。そこを経由すると1%分の「Pコイン」になるとのこと。39,800円だから398Pコイン、しかも今はセールだかなんだかでそれが3倍だという。よって、1,194Pコイン。これもそのままAmazonギフト券に化ける。

とすると、である。小生は39,800円の商品を購入して、

・喫茶店で1,990円として使えるポイント
・Amazonギフト券に化けさせることのできる期間限定Tポイントが5,970ポイント
・Amazonギフト券に化けさせることのできるPコインが1,194コイン

合計9,154円相当を値引きとして得たことになる。39,800円で9,154円であるから、商品価格の23%に相当する。しかし、そもそも39,800円は安値の限界のはずである。モノが売れない時代に、今回の利益を犠牲にしてでも次回の利益で元を取ればよいという考えが明らか。「300円以下の外食は利用しない」と公言している小生であるが、一万円を超える商品だと話は異なる。販売者のクビを絞めていることは承知していて、巡り巡って自分のクビを絞めるであろうことも承知している。

だが、目先の一円なのである。

それが翌日、どれだけ大きく化けるとしても、眼前の一円がなければ「翌日」は来ないのである。

---

アベノミクスのトリクルダウンとやらがうまくいっていないのは、政治屋がここを理解できていないからである。そんな阿呆な内閣の支持率が40%を超えている?理解不能。

避難所初体験

  • 2017.10.23 Monday
  • 20:23
「こんな機会は滅多にない」と、昨夜、喜んで近場の小学校へ向かった。台風の直撃、警報の種類は大雨だったか洪水だったか。

避難警報.jpg

この緊急速報の入ってきたのが、17時30分頃。拙宅アパートはハザードマップや建物の作りから考えても天災には強く、備蓄食糧や情報収集の点でも自宅に留まっておいた方がよいことはわかっている。ただ、昨夜は事情が異なった「衆院選の投開票日」。役所の職員の多くが選挙関係の仕事に駆り出されているはずであるし、本来は避難所に指定されているところの多くが投票所になっていて、避難所としては使えない。上記の速報でも、避難先に指定されているのは小学校ばかりである(黒川公民館は地域柄、仕方がなかったのだろう)。基本的に投票所とは重なっていない。

日頃の避難物資は足りているのかもしれないが、避難場所は普段の半分、職員も足りない。「こんな機会は滅多にない」と小生が思った所以である。

傘を差してもさしたる効果もない中、小学校へ向かったのは20時前。職員の他には老夫婦が一組いただけだった。多目的室とされる体育館のようなフローリングの部屋。職員さんの一人が「公民館ならば和室が用意できたのに」。老夫婦は、「立つ」「座る」「横になる」といった体勢の変更すら自分一人ではできない人たちだった。職員の数は時間によって変動はあったものの、二人から五人だった。一組の老夫婦の世話ならば何ら問題はない。

電気ポットと紙コップ、粉末のお茶が用意されていた。部屋の中を見渡すと、長期戦に備えた物品も持ち込まれていたのがわかった。学校の教室であるから、実際に収容できるのは20人から30人くらいだと思われる。最初に思ったのは「これはコンセントの取り合いになるな」。殆どの人は携帯やスマートフォンを携行するはずで、そうであれば充電に対する需要も高まる。一例ではあるが、こういうものを避難所ごとの5,6個用意しておくだけで、随分と状況は変わるはずである。避難している人の安心は得られる情報量に比例するのだから。

全ての避難所の全ての部屋にテレビを用意するのは難しいと思う。ラジカセを用意してニュースを常時流すようにすればよいのかもしれないが、疲れて横になっている人のことを考えると、これも難しい。無論、役所が正確な情報を伝えることは必須で、そうであれば主要な全国紙を避難所に張り出すくらいの措置はすべきだし、近所の新聞販売店に事前に要望しておくことも難しくはない。

携行式充電器。小生はこれが大嫌いなのだがそれはさておき、これを避難所単位で一定数確保しておくことも可能かと思われる。あるいは市役所の本庁舎で充電したものを、派遣される職員に避難所へ持たせ、使い終わったものを回収するという手法もある。一つの避難所に特定の職員が付きっきりという事態になることを回避するためにも、職員による充電器の供給と回収という任務は有効である。そのときに避難所の状況把握・報告もできる。

……、政治屋はこういうところに目が行かないんだよな。小生が避難していた小学校に、状況を見にきた市議は一人もいなかった。市議は26人、小中学校の入学式や卒業式には分担して赴くくせに。

古いメールから

  • 2017.10.21 Saturday
  • 17:04
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ソフトバンク携帯電話をオンラインで手に入れよう!
       Yahoo!携帯ショップおすすめ情報メール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 こんにちは、xxxxxxxxxxさん。


 最先端で話題のiPhone 4を手に入れよう。
 先日、iPhone 4のホワイトの発売が延期されましたが、ブラックの
 お申し込みは引き続きYahoo!携帯ショップで受け付け中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

   ◆ i P h o n e 4 お 申 し 込 み 受 け 付 け 中 !
   http://xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 ◆iPhone 4の月々の支払いイメージ(16GBの場合)――――――――――――-┐
 │
 │ パケット定額サービス  : 4,410円(パケットし放題フラット)
 │ S!ベーシックパック(i):  315円
 │ 月月割(24回)     :-1,920円
 │ ホワイトプラン(i)  :  980円
 │ 機種代金/分割支払金  : 1,920円
 │ (24回分割の場合)
 │ -----------------------------------
 │             5,705円+通話料等
 │
 │※バリュープログラム(i)を適用した場合になります
 │※S!ベーシックパック(i)は月額使用料になります
 │※ホワイトプラン(i)は基本使用料になります
 │※頭金0円の場合になります
 │※支払総額/現金販売価格は46,080円になります
 │※詳しくはiPhone 4申し込みページをご確認ください
 └――――――――――――――――――――――――――――――――┘

 ◆24時間受け付け&送料無料――――――――――――――――――――┐
 │ インターネットならではの24時間受け付けだから、いつでもどこでも
 │ 手続き可能! もちろん商品の送料は全国一律無料です。
 └――――――――――――――――――――――――――――――――┘

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

┃ さあ、いますぐiPhone 4を手に入れて新しいモバイル体験を始めよう!

┃ 【iPhone 4の購入手続きはこちらから】
┃ http://xxxxxxxxxxxxxxxx

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


★そのほかの機種も勢ぞろい! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

┃ iPhone以外にも「ガンプラケータイ」や「SHARPの最新機種」などの
┃ 最新モデルから実質0円ケータイまでご用意しています!

┃ http://xxxxxxxxxxxxxxxx

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Yahoo!携帯ショップおすすめ情報メールは、Yahoo! JAPAN IDにご登録
いただいているメールアドレスに配信しています。
今後このメールの配信を希望されない方は、お手数ですが最下部にある
「配信の登録・解除」のURLから、Yahoo! JAPAN IDでログインして
手続きをお願いいたします。


日時を確認すると「2010年8月9日 9:28」だった。まだ、県営住宅に住んでいた頃で「在特会」なんて言葉も知らずにいられた頃。使っていたのはiPhone 3Gで、料金プランは上記と同じ。iPhone 4を購入したのは同年の11月。

東日本大震災も発生しておらず、首相は民主党の菅直人氏だった。民主党時代の時代の日本は暗黒時代だったのかのように安倍晋三は宣っているが、今よりずっと平穏だったように思える。

期日前投票は済ませた。小生が望む結果にはならないかもしれない。だが、幾らかでもマシな方向に軌道修正できればと望んでいる。

「高等教育の無償化」?アホか。

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 17:45
昨夜、拙宅にカメムシが忍び込んだようで、それはそれは臭い匂いを放ってくれた。和室スタジオの機器類は常に熱を発しているので、虫には居心地がよいのだろう。だが、あの臭いには耐えられない。窓を開け放ったのだが効果なし。発臭源を除去するのが最も有効なのだが、そいつがどこにいるのかわからない。少し思案して、今度は部屋を閉め切って空気清浄機をぶっ放した。数分で解決した。空気清浄機は七年近く使っているのだが、具体的な効果を初めて実感した瞬間だった。

さて。

自民と維新、その他保守系政党がが憲法改○に当たって「高等教育の無償化」と宣い出した。「経済的な理由で教育を受ける機会が損なわれてはならない!」と叫んでいるが、「そんなん、当たり前やんけ」。

彼らが言うところの高等教育とは、大学や専門学校を指すらしい。その下に「高等学校」という教育機関が存在するのだが、現在、この名称を持つ組織で「高等」な知識の伝授の行われているところはほんの一握りに過ぎない。東大生や京大生、或いはそこの卒業生は畏怖されることがあるが、それらの大学の入学試験では高校で習得することになっていることの一部からしか出題されない。たとえば英語では、難解な単語の意味を問うような問題は出題されない。下線部訳にそのような単語が含まれていることもあるが、それは前後からの類推能力を問うているのである。数学にしても「三角関数の加法公式を証明せよ」と基本に立ち返る問題が出されたり、円周率の定義がわかっているかどうかを問う問題が出されたりしている。

その一方、新入学生にアルファベットや四則演算の仕方を教えている「大学」も存在する。誰が見ても高等教育とは程遠い。それならば、まずやるべきは国公立大学の授業料の低減であろう。入学金と授業料のアップを毎年交互に実施し、自宅から大学に通ったとしても四年間で400万円は掛かる。自宅外だと、それ以上。田中角栄が変なことを言い出す前は、年間12,000円だったのである。物価変動を考慮しても、現在の物価にして4〜5万円程度である。

第二十六条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
○2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。


アルファベットや四則演算を教える大学は、この条文に鑑みるとそれなりに存在意義があるものと認められる。この条文の第二項「すべて国民」は、「行政」に置き換えられる。議院内閣制の内閣は国会議員選挙に依り、それは「すべて国民」の参政権行使の結果であるからである。

「経済的な理由で教育を受ける機会が損なわれてはならない!」とは「経済的な理由で教育を受ける機会が損なわれている人たち」がいることを認めていることに他ならず、それは行政の不作為そのものである。それを放置して何が「無償化」だか。

30年前の今日、学校(高校)を休んだ。

  • 2017.10.08 Sunday
  • 19:27
1987年の10月は木曜から始まる。そして当時はハッピーマンデーという制度はなく、10月10日(1987年では土曜日)が体育の日として休日だった。更に加えると、土曜は休みではなかった。

スクリーンショット 2017-10-08 18.12.38.jpg

実はその前々日である10月6日も休んでいた。だから翌週月曜である12日に学校へ行ったとき、「えぇなぁ。一日おきの登校か」と嫌味を言われた。翌13日に休んだのも覚えている。高校の最寄り駅で降りず、神戸の楽器店で半日を過ごした。そしてその翌日、薄々気付いていたであろう母親に「やめたい」と打ち明けた。

何の記録も残していないので、どこまでが正しいのかはわからない。ただ、その年の10月が学校(高校)へ行った最後で、その月から休み始めたことは間違いがない。

そこから、クラス担任が頻繁にウチに来るようになった。生活指導などの他の教師を連れてくることもあった。11月途中までは「今ならまだ間に合う」というような説得であり、クラスの連中からの手紙を持って来てくれたこともあった。その手紙は有り難く、今でも残してある。しかし、学校に戻ることはなかった。

11月の終わりか12月のはじめに保健体育の単位を落としたことが確定したことにより留年が確定し、担任も級友も諦めてくれた。

1987年の大阪府立池田高等学校の入試。小生の受験番号は受験者数と一致していた。つまり、最後の願書提出者。願書を出す当日(これは締め切り日である)までその高校がどこにあるのかすら知らず、「阪急の石橋駅で降りて、ファミレス『さと』を目指す。そこからひたすら坂を上れば辿り着く」というアドバイス。中学が願書を作成してくれて送り出してくれた時刻は、締め切り時刻に十分に間に合った時刻。仕方なくそれを持って指示通りに石橋駅へ向かい、「さと」から坂を上った。受付の部屋の前で必要な書類を鞄から取り出した。そこで住民票のないことがわかった。後日、「その高校へ行きたくないお前がわざとどこかで捨てたんだろ?」と方々から追及されたが、捨てた記憶はない。ただ、滑り止めの私学は決まっていたので「そこでいいや」と、そのときにさっぱりしたのは覚えている。

そのまま石橋駅まで戻り、「出願しようと思ったんですけど、住民票をどこかで失くしてしまったみたいで」と公衆電話で中学に連絡。歩くのが遅い小生にとって、石橋駅から高校までは25分以上。戻ってきたがために、どう考えても間に合わない時間だった。「何しとんねん!ほんなら、私学に行くしかないな」と罵声を浴びて終わるはずだった。

ところが中学校の先生方は分担して住民票を調達してくださり、一人の先生が途中で交通事故を起こしながらも締め切りぎりぎりに高校の正門まで持ってきてくださった。また、高校に対して「一人の出願者が向かっておりますので」と何度も電話連絡をしてくださっていたらしい。而して、締め切り数分前に願書提出。その日の夜、父親からは「どれだけの人に迷惑を掛けたかわかってんのか!」と叱られた。

合格発表には、潮時が過ぎたであろう正午辺りに向かった。まばらな人影の中、自分の受験番号が掲示されているのを見た。さすがにあの程度の学校に落ちるワケにはいかなかったので、入試はまともに受け、解答用紙を出した。合格掲示板を確認して石橋駅に戻る途中、喜々としている中学の同級生の何人かと擦れ違った。彼らは小生の様子から、合格者を集めての説明会に小生がいたことに驚いたという。石橋駅での公衆電話では何箇所かに電話したが、最初はやはり自宅だった。電話に出てくれたのは母親だった「あぁ、お母さん?合格してしまった」。私立高校の併願と異なり公立高校の場合は入学辞退は許されないと知ったのは、受験してから。その辺りはさすがに母親で「どないする?ホンマにその高校へ行くんか?アンタはそれでえぇんか?」。

問題は更に続く。願書を受け付ける窓口にいた女性が、入学した後のクラス担任になったことである。中学校の善意はこちらにとっては大きな迷惑だった。「何としても入学したい受験生」が合格し、その教師のクラスに分配されたのである。故に、教師は復学するよう熱心だった。保健体育の単位を取れないことが決まって漸く諦めてくれたが、ここに至っても問題は収束しなかった。その年の池田高校の受験者数は、例年のそれよりも多かったのである。当然、倍率も他の高校よりも高かった。同じ中学からも落ちた奴が数人いて「やめるんやったら受けんなよなぁ」と。担任が連れてきた生活指導だかなんだか知らんがその種の教師が、「君が合格したために合格できなかった人がいるんだ」。

……、知らんがな。その論理を大学入試や就職試験にも適用するつもりなんか?

小生が受験しなかったら次点の奴が合格したであろうことは認めるが、こちらが合格最低点で合格したのかどうかはわからない。そいつらが合格最低点を上回る点数を取っていれば合格できただけのこと。文句を言ってきた奴は何人もいたが、仮に小生が受験しなかったとしても枠が一つ空いただけである。二人も三人も余計に合格できたワケではない。

ん?

  • 2017.09.16 Saturday
  • 03:33
14日のこのブログへのアクセス:
スクリーンショット 2017-09-16 3.15.07.jpg

午前7時からの1時間だけで4,649?

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM