「高等教育の無償化」?アホか。

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 17:45
昨夜、拙宅にカメムシが忍び込んだようで、それはそれは臭い匂いを放ってくれた。和室スタジオの機器類は常に熱を発しているので、虫には居心地がよいのだろう。だが、あの臭いには耐えられない。窓を開け放ったのだが効果なし。発臭源を除去するのが最も有効なのだが、そいつがどこにいるのかわからない。少し思案して、今度は部屋を閉め切って空気清浄機をぶっ放した。数分で解決した。空気清浄機は七年近く使っているのだが、具体的な効果を初めて実感した瞬間だった。

さて。

自民と維新、その他保守系政党がが憲法改○に当たって「高等教育の無償化」と宣い出した。「経済的な理由で教育を受ける機会が損なわれてはならない!」と叫んでいるが、「そんなん、当たり前やんけ」。

彼らが言うところの高等教育とは、大学や専門学校を指すらしい。その下に「高等学校」という教育機関が存在するのだが、現在、この名称を持つ組織で「高等」な知識の伝授の行われているところはほんの一握りに過ぎない。東大生や京大生、或いはそこの卒業生は畏怖されることがあるが、それらの大学の入学試験では高校で習得することになっていることの一部からしか出題されない。たとえば英語では、難解な単語の意味を問うような問題は出題されない。下線部訳にそのような単語が含まれていることもあるが、それは前後からの類推能力を問うているのである。数学にしても「三角関数の加法公式を証明せよ」と基本に立ち返る問題が出されたり、円周率の定義がわかっているかどうかを問う問題が出されたりしている。

その一方、新入学生にアルファベットや四則演算の仕方を教えている「大学」も存在する。誰が見ても高等教育とは程遠い。それならば、まずやるべきは国公立大学の授業料の低減であろう。入学金と授業料のアップを毎年交互に実施し、自宅から大学に通ったとしても四年間で400万円は掛かる。自宅外だと、それ以上。田中角栄が変なことを言い出す前は、年間12,000円だったのである。物価変動を考慮しても、現在の物価にして4〜5万円程度である。

第二十六条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
○2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。


アルファベットや四則演算を教える大学は、この条文に鑑みるとそれなりに存在意義があるものと認められる。この条文の第二項「すべて国民」は、「行政」に置き換えられる。議院内閣制の内閣は国会議員選挙に依り、それは「すべて国民」の参政権行使の結果であるからである。

「経済的な理由で教育を受ける機会が損なわれてはならない!」とは「経済的な理由で教育を受ける機会が損なわれている人たち」がいることを認めていることに他ならず、それは行政の不作為そのものである。それを放置して何が「無償化」だか。

30年前の今日、学校(高校)を休んだ。

  • 2017.10.08 Sunday
  • 19:27
1987年の10月は木曜から始まる。そして当時はハッピーマンデーという制度はなく、10月10日(1987年では土曜日)が体育の日として休日だった。更に加えると、土曜は休みではなかった。

スクリーンショット 2017-10-08 18.12.38.jpg

実はその前々日である10月6日も休んでいた。だから翌週月曜である12日に学校へ行ったとき、「えぇなぁ。一日おきの登校か」と嫌味を言われた。翌13日に休んだのも覚えている。高校の最寄り駅で降りず、神戸の楽器店で半日を過ごした。そしてその翌日、薄々気付いていたであろう母親に「やめたい」と打ち明けた。

何の記録も残していないので、どこまでが正しいのかはわからない。ただ、その年の10月が学校(高校)へ行った最後で、その月から休み始めたことは間違いがない。

そこから、クラス担任が頻繁にウチに来るようになった。生活指導などの他の教師を連れてくることもあった。11月途中までは「今ならまだ間に合う」というような説得であり、クラスの連中からの手紙を持って来てくれたこともあった。その手紙は有り難く、今でも残してある。しかし、学校に戻ることはなかった。

11月の終わりか12月のはじめに保健体育の単位を落としたことが確定したことにより留年が確定し、担任も級友も諦めてくれた。

1987年の大阪府立池田高等学校の入試。小生の受験番号は受験者数と一致していた。つまり、最後の願書提出者。願書を出す当日(これは締め切り日である)までその高校がどこにあるのかすら知らず、「阪急の石橋駅で降りて、ファミレス『さと』を目指す。そこからひたすら坂を上れば辿り着く」というアドバイス。中学が願書を作成してくれて送り出してくれた時刻は、締め切り時刻に十分に間に合った時刻。仕方なくそれを持って指示通りに石橋駅へ向かい、「さと」から坂を上った。受付の部屋の前で必要な書類を鞄から取り出した。そこで住民票のないことがわかった。後日、「その高校へ行きたくないお前がわざとどこかで捨てたんだろ?」と方々から追及されたが、捨てた記憶はない。ただ、滑り止めの私学は決まっていたので「そこでいいや」と、そのときにさっぱりしたのは覚えている。

そのまま石橋駅まで戻り、「出願しようと思ったんですけど、住民票をどこかで失くしてしまったみたいで」と公衆電話で中学に連絡。歩くのが遅い小生にとって、石橋駅から高校までは25分以上。戻ってきたがために、どう考えても間に合わない時間だった。「何しとんねん!ほんなら、私学に行くしかないな」と罵声を浴びて終わるはずだった。

ところが中学校の先生方は分担して住民票を調達してくださり、一人の先生が途中で交通事故を起こしながらも締め切りぎりぎりに高校の正門まで持ってきてくださった。また、高校に対して「一人の出願者が向かっておりますので」と何度も電話連絡をしてくださっていたらしい。而して、締め切り数分前に願書提出。その日の夜、父親からは「どれだけの人に迷惑を掛けたかわかってんのか!」と叱られた。

合格発表には、潮時が過ぎたであろう正午辺りに向かった。まばらな人影の中、自分の受験番号が掲示されているのを見た。さすがにあの程度の学校に落ちるワケにはいかなかったので、入試はまともに受け、解答用紙を出した。合格掲示板を確認して石橋駅に戻る途中、喜々としている中学の同級生の何人かと擦れ違った。彼らは小生の様子から、合格者を集めての説明会に小生がいたことに驚いたという。石橋駅での公衆電話では何箇所かに電話したが、最初はやはり自宅だった。電話に出てくれたのは母親だった「あぁ、お母さん?合格してしまった」。私立高校の併願と異なり公立高校の場合は入学辞退は許されないと知ったのは、受験してから。その辺りはさすがに母親で「どないする?ホンマにその高校へ行くんか?アンタはそれでえぇんか?」。

問題は更に続く。願書を受け付ける窓口にいた女性が、入学した後のクラス担任になったことである。中学校の善意はこちらにとっては大きな迷惑だった。「何としても入学したい受験生」が合格し、その教師のクラスに分配されたのである。故に、教師は復学するよう熱心だった。保健体育の単位を取れないことが決まって漸く諦めてくれたが、ここに至っても問題は収束しなかった。その年の池田高校の受験者数は、例年のそれよりも多かったのである。当然、倍率も他の高校よりも高かった。同じ中学からも落ちた奴が数人いて「やめるんやったら受けんなよなぁ」と。担任が連れてきた生活指導だかなんだか知らんがその種の教師が、「君が合格したために合格できなかった人がいるんだ」。

……、知らんがな。その論理を大学入試や就職試験にも適用するつもりなんか?

小生が受験しなかったら次点の奴が合格したであろうことは認めるが、こちらが合格最低点で合格したのかどうかはわからない。そいつらが合格最低点を上回る点数を取っていれば合格できただけのこと。文句を言ってきた奴は何人もいたが、仮に小生が受験しなかったとしても枠が一つ空いただけである。二人も三人も余計に合格できたワケではない。

ん?

  • 2017.09.16 Saturday
  • 03:33
14日のこのブログへのアクセス:
スクリーンショット 2017-09-16 3.15.07.jpg

午前7時からの1時間だけで4,649?

図画工作

  • 2017.09.12 Tuesday
  • 08:59
簡単なものを作ってみた:
2017-09-11 20.50.52.jpg

2017-09-11 20.50.59.jpg

2017-09-11 20.51.07.jpg

使ったもの:
・蒲鉾板:2枚
・爪楊枝:2本
・木工用ボンド:少々


爪楊枝を適当な大きさに切断し、端っこの部分(爪楊枝置き)を二つ用意した。これを蒲鉾板の長辺に平行に木工用ボンドで貼付け、後ろの蒲鉾板も木工用ボンドでくっつけた。材料費は無料に近い。

で、何に使うのか。以下:
2017-09-11 22.20.47.jpg

2017-09-11 22.22.02.jpg

2017-09-11 22.23.29.jpg

上からiPhone 4、iPhone 5、iPhone 6 Plus。画面は録画したワンセグ(NHKのドラマに緊急地震速報が入ったシーン・先週8日22時25分頃)。

iMacのUSB端子に突き刺しているワンセグチューナーで録画したものを適宜、iPhoneに逃がしている。iPhoneではリアルタイムの視聴はできないが、小生が使う分には十分である。

長月の朔

  • 2017.09.01 Friday
  • 01:20
この夏も、何もしないまま通り過ぎた。夏は大嫌いだからこれで構わない。

先のエントリの続き。

「生徒(会社であれば社員)の自主性を重んじる」とは、どこの組織でも言われること。この言葉をまともに受けると馬鹿を見る。対象があまりに広範であるので、中学と高校に話を限定する。

40人ほどを一つの部屋に集め、一人の教師が授業を行う。知識の伝授という点では効率がよいが、それは全ての受講者が前のめりな場合に限られる。結論から言えば、公教育でこれを行うのは無理である。

体育で考えるとわかりやすい。高校生ならばバック転のできる者と逆上がりのできない者が同じクラスにいる。ここで「身体能力に応じた指導をすればよい」と言ったならば、まず反対の声はあがらない。

しかし、英語や数学、その他教科書を用いて教室で教えられる科目には、体育と同じ方法は通じない(世間が認めない)。ローマ字の読み書きの怪しい者と「名詞節を副詞的に訳すには」といった者の間には、絶望的な差が存在する。

小中学校までならば許容されるかもしれない。それでも個々人の得手不得手は存在する。ならばどうして画一的な「夏休みの宿題」を生徒に課すのだろうか。英語が苦手な者と数学の苦手な者、長期休暇の利用の仕方は異なるはずである。仮に課題を課すのであれば、幾つかのパターンを用意すべきなのではないだろうか。現実の授業で画一的になってしまうのは、現状では仕方がない。だからこそ、40日にも及ぶ長期休暇こそ生徒の能力に応じた学習を促進すべきである。なのに、全科目での大量の宿題。

「学校なんぞ、行きたい者だけが行けばよい」

英会話教室やテニススクールと同じである。行くことによるメリットと受講料を勘案して、自分で判断すればよい。当然、ここで反論が出てくる「常識を知らない大人になる」。そういう人には格好の台詞がある「今のこの国の首相に常識や倫理観があるのかい?」。

我身可愛さの人間を首相に戴く国である。自分勝手な子どもを非難する権利は、今の有権者には、ない。

「夏休みの宿題」は何のためにあるのか

  • 2017.08.28 Monday
  • 23:35
小生は46歳なので、現状とは大きく異なるであろうことを先に断る。

小生が小学生のときには「やりたい人はこういうことをすれば?」というような課題しかなかった。開放プールに行く最低回数が決められていたが、その程度。

中学生のときには、それがエラい量に増えた。高校1年のときも同じだった。しかし、現在の中学生が苦しんでいる「自由研究」はなかった。小学生のときは「自由『工作』」として、ニクロム線や木板をホームセンターで買ってきて好きなものを作っていた。勿論、作るか作らないかは任意。

「どうして中学の教師は夏休みに宿題を出すのだろうか」

結論から言えば、学校というシステムを維持するためである。夏休みの宿題を出すために一学期の授業が存在し、二学期の授業が存在する。

夏休みの宿題を出すためには、一学期にそれ相応の授業を実施しておく必要がある。どの授業であっても、そこまでの授業の理解を前提とする。二学期にズムーズに授業を進めるためには、一学期の授業を習得させておかなければならない。そのための宿題なのか?

別の視点から見れば、「学習塾の夏期講習に参加した者に差をつけさせないため」という理由もある。そうであるならば、学習塾の夏期講習に参加した者は宿題を免除されて然るべきである。

加えて、宿題は9月1日或いは該当科目の最初の授業のときに提出しなければならないとされている。提出しなければ叱責とペナルティが待っている「社会に出たら、期日を守らないと大変なことになる。学校だから許されるのだ」。

これは夏休みの宿題に限ったことではなく、通常の提出物でも当てはまる「金曜の午後5時までに提出しろ!」。ほんの数分でも遅れると受け付けてくれない。1985年まで大阪府豊能郡豊能町吉川中学で美術を教えていた女性教師がそうだった。小生はその後、美術の授業をボイコットした。

約束した期限を守らなければならないという指導はわからないでもない。だが、社会のそれとは決定的に異なることが一つある「その約束は片方が一方的に決めたものではないか」。

社会での約束事であれば、約束をする前に両者がそれに納得している必要がある。「そのような要求に応えることはできません」と期日を延期するなり、拒否するなりの選択肢がある。「夏休みの宿題」は、この概念を奪う。唯々諾々と要求に従う社員と下請け会社にとって都合のよい人物を社会に供給する。これは兵隊に求められる資質であり、「特攻隊員は全員志願した者であった」と命令した者の責任回避が可能になる。

宿題に苦しんでいる学生にいいたい、「やらなくてもいいよ」。

もしもそれで教師に罵倒されるようであれば、地域の弁護士会に連絡すればいい。「進級させない」という教師もいるだろうが、夏休みの宿題はカリキュラムに含まれていないのでパワーハラスメントそのものである。

ハチロク

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 16:23
ボルタ楽団:


指揮するボルタ
から時計回りに
キーボードを弾くナッティ
フルートのボルタ
バイオリンを弾くボルタ
ニヒルなピアノのボルタ(ピアノではなくキーボードっぽいけど)
ジャーン!のボルタ
ベースにうっとりのボルタ
※上記リンクから、販売サイトへ行けます

秋口にまた、新しいOSが出るそうな。現在、ウチの環境(10.9.5)でアップデートできないアプリケーションは以下の6つだけだが、これから増えていくのだろうな。ことえりは捨てられんので、どうしてもというときはもう一台導入することになる。





で、タイトル。古いクルマの話ではない。

自分の髪を一本引き抜き、長さを測ってみた。86cmだった。人の髪は一ヶ月に1.2cm程度伸びるとのこと。幾つかのサイトを見ても、美容師さんに訊いても、同じような数字。そうすると1年では14.4cm。ここで±5%くらいの個人差があると仮定すると、Max. 15.12cmとなる。この数字を用いたとしても、5.687....という数字になり年月に直すと5年8ヶ月となる。伸ばし始めたのは2011年の3月であるのだが、そこはゼロポイントではなく平均的な男性の長さはあった。6〜7cmくらいか。そこから6年5ヶ月で86cmである。

今年の正月に5cm程カットしただけでなく、数ヶ月に一度の美容室で毛先をカットしてもらってもいる。これらのカットがなければ95cmくらいに達していたはずで、これは人が伸ばせる限界に近いはずである。

たまに電車の中で太ももの上あたりまで伸ばしている高校生を見るが、小生の場合はGパンに巻き込まれることがあるくらいで、太ももの上までには達していない。しかし、ここには身長差を考慮する必要があり、小生の身長が十代後半の女性の平均程度だったならば、その辺りまで達することになる。46歳の小生、体重は増減を繰り返しているが身長は176.5cmから変わっていないはずである。

葉月の二日

  • 2017.08.01 Tuesday
  • 17:17
「お前んとこ、テレビある?」
今までに何度、このように問うたかわからない。返答は九割以上の割合で「ない」。小生の友人はテレビすら買うことのできない貧乏人ばかりなのかというと、それは違う。テレビを持っていなさそうな友人知人に問うただけである。ただ、問うた相手は小生の交友範囲の半分程度である。そいつらが赤貧に甘んじているのかというと、それも違う。彼らの収入は同年代の標準と同程度かその上である「見るようなコンテンツがない」。

彼らは、DVDやBDを再生できる環境は持っている。小生とて「テレビ」とされるものは持っていない。Mirrored Drive Doors向けに購入したディスプレイ、これが地デジチューナーを載んでいるので、地デジの生放送を見ることができるというだけである。BSやらCSやらは見られない。

尤も、USBスティック形状のチューナで視聴も録画も足りているのが現状。「21.6インチ以上の画面で、リアルタイムで見なければならないもの」がどれだけあるのか、わかる人がいれば教えてほしいくらい。


さて。


先月より、関西電力と大阪ガスの価格競争が激しくなっている。関西電力は原発を稼働できたことで値下げの目処が立ったのだろう。それを受けて大阪ガスが値下げをし、今月に入って関西電力が再度値下げをした。拙宅は電気もガスも大阪ガスである。

新電力という言葉をすっかり聞かなくなった。安いところを求めて関西電力から多くの人が流出した。そうして福島のことを考えてか「原発を使っていないエネルギー源から」という人も増えた。しかし現在、「原発の電力は使っていません」と明言できる電力会社は、関西には存在しない。

原発は一旦稼働すると、常に一定量の電力を供給し続ける。他方、関西電力管内の電力需要は気温に左右されるものの、原発の存在には左右されない。そうすると、電力需要の総量から原発の発電量を差し引いた電力量を他の発電所で補うことになる。大阪ガスを含めた新電力と契約しているユーザが多ければ、関西電力の原発以外の発電所の発電量が減少するだけである。

関西電力以外の電力会社と契約した人に訊いてみればいい「契約してから、自宅に新しい電力供給線が設置されたか?」。

原発以外の発電所の数が増えただけであり、電力供給網は関西電力のそれを使っている。そうである以上、特定の発電所からのみ供給を受けたり受けなかったりすることはできない。このiMacを動かす電力の一部も原発の電力であるはずである。

要は、原発による電力を使いたくないからと新電力と契約しようと無駄だということである。このように書くと「お前は原発推進論者か!?」と言われそうだが、小生は原発廃止論者である。福井県の原発で福島と同じレベルの事故が起きると、琵琶湖の放射能汚染は免れない。そうすると琵琶湖淀川水系に生活用水を頼っている関西の多くの地域は、居住できなくなる。

「事故が起きたら取り返しがつかなくなる」「事故が起きる可能性が小さいとは(僕には)思えない」「電気料金が高くなるというのなら、それを甘受する心積もりはある」

福井の原発は停止させてほしい。その地域の住民の生活が立ち行かなくなるというのなら、経済的支援をすればよい。財源に困るのなら、その分は電気料金に乗せてくれていい。

電話帳

  • 2017.07.26 Wednesday
  • 14:45
電話帳には「五十音別」と「職業別」の二種類があり、後者はタウンページと呼ばれる。
前者はハローページと呼ばれるが、これはさらに「個人名」と「企業名」とにわかれる。
そうして、「個人名」は希望しないと配布してくれない。

ハローページ「個人名」の最新版:


一頁に400件近い名前と電話番号、住所を記してある。川西市のものは37ページから61ページまで、計25ページ。10,000件に満たない。NTT西日本と固定電話回線を契約している個人だけなので、携帯だけで足りているという単身世帯は対象にならない。だが、総人口は16万人ほどで世帯数も6万を超える自治体である。網羅割合が1/6では使い物にならない。但し、「電話帳には載せないが104での問い合わせには応じる」という選択肢もあるので、幾らか検索対象は増える。

どうしてこんなものが発行されて配付されているのかについてだが、これは電電公社の時代に遡る。固定電話の加入権は質入れできるほど価値が高かったのである。Wikipediaによると、

1960年 - 10,000円
1968年 - 30,000円に改定
1971年 - 50,000円に改定
1976年 - 80,000円に改定

1960年の1万円や1976年の8万円がどれほどの価値であったかはわからない。しかし、今のその金額より遥かに高い価値を有していたことは明らかである。そうであれば、である。「電話帳に名前が載って、はじめて一人前」という価値が存在したのも頷けるし、その価値を維持するために電話帳は必要だったとも理解できる。思えば小生が大学入試を受けた頃は、本人の同意なしに勝手に新聞に名前を載せられていた。「大阪新聞」という産経系列の夕刊紙がやっていたので、編集部に電話を掛けた「載せないでほしい」。1991年の話である。もちろん、受け付けてくれなかった。

今であれば考えられないような個人情報の暴露であるが、そういう時代も存在したのである。ハローページの亜種かもしれない。

無論、現在では何の価値もないハローページ(個人名)なのだが、「電話帳に名前がない」という信用のなさは形を変えて歴として存在している「サイトの有無」。

結婚詐欺でアパレル会社社長という偽名刺に騙されるケースがあるらしいが、その会社がどういう会社であるかを調べない側にも相当な落ち度がある。政治家も然り。名前を検索して議会名簿しかヒットしないような人物は、「文盲」として程なく排除される。

政治家の唯一の武器は言葉である。その言葉をどのように用いるかを観察するための材料を公開しないのであるから、信頼できるはずもない。「ネットには疎くて」という言い訳も聞くが、今の時代、ブログやTwitterのアカウント程度すら作成できないようでは困るのである。別にオリジナルドメインを押さえろと言っているワケではない。

……。
「兵庫県川西市」に限定するならば、「ホームレス議員」も暫くは生き残れるだろうけど。

初買い

  • 2017.07.24 Monday
  • 18:44
「初買い」とは初売りの対語であり、本来は「一月二日、新年になって最初の買い物をすること」という語義であるが、このエントリの範囲内においてだけ「ある特定の商品を生まれて初めて買うこと」と語義をずらすことにする。

小生にとってのクルマの初買いは1998年の初夏であり、iPhoneは2009年早春である。シンセサイザーは1988年夏。

冷蔵庫は2011年の春だったように思う。リサイクルショップで1万円程度のものだったが、自分で初めて買ったものである。本棚は1993年、サーキュレータは2009年。扇風機は買ったことがないし、エアコンは既に備え付けられていたものか前の住人から譲り受けたものであって、「初買い」はまだである。洗濯機も然り。

照明器具は直接照明も間接照明もそれなりに買っているので、「初」は思い出せない。

先週末に買ったのは「TC-EA35W」なるものである。初めて自分で購入した掃除機である。それまでも貰い物のスティックタイプの掃除機はあったのだが、ゴミを溜める部分が破損してしまい、ゴミを吸引した勢いで溜まったゴミを吐き出すという「仕事量ゼロ」状態になってしまった。

新しく、否、初めて買った上記商品は2,500円と540円の送料で、計3,040円であった。価格.comでの最安値は送料込みの2,468円(この記事を書いている現在)なので、それより600円ほど高いことになるが、楽天のポイントが4,000近く貯まっていたのである。楽天にはカネを落とさない主義なので、クリックやらサーチなどでのポイントの総計である。尚、楽天からは毎日、10ポイントから15ポイントをコンスタントに頂戴している。3,040ポイントを消費して、現在のポイントは772ポイントである(期間限定ポイントは除く)。

シンプルにしてよく吸う。満足、満足♪

「初」で他に残っているのは、電子レンジ、ガスコンロ、洗濯機、炊飯器などがある。食材に目を向けると大根、ジャガイモ、サツマイモ、レタス、白菜、牛肉、豚肉、鶏肉、挽き肉、マヨネーズ、胡椒、七味、茶葉、紅茶のティーバッグ、トマト、りんご、みかん、桃、梨、ぶどう、ほうれん草、菊菜、かぼちゃ、スイカ、メロン、椎茸、筍、人参、蕗、薺、蓮根、お酢、小麦粉、片栗粉、芥子、氷砂糖……。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM