動詞の原形

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 22:02
一つ前のエントリで触れた [reface DX] について。

この [reface] には四つの機種が用意されていて、他には [CS] [CP] [YC] がある。
それぞれ、YAMAHAが昔出した「デジタルシンセ」「アナログシンセ」「エレクトリックピアノ(エレクトロニックピアノではない)」「オルガン」の再現と、現在の技術をもっての機能の付加をしたもの。

[reface DX] のYAMAHAの動画:


冒頭「りふぁいす」と、オーストラリア英語で始まる。これは商品の紹介なので名刺扱いであるのは当然だが、[reface] とは動詞の原形である。ジーニアス英和辞典第5版:
reface.jpg

たったこれだけの説明。
よって、[face] を見てみる。これは基本的な単語なので説明が数ページに及んでいる。故にその「動詞」としての説明部分:
face-v.jpg

どうもすっきりしない。[reface DX] の [reface] とは、YAMAHAの造語だろう「もう一度、見てくれ!」。

今はYAMAHAでもRolandでもKORGでも、オールインワンシンセでは一通りの音がサンプリングされている。YAMAHAの音源で [Fantasia] が出せるし、Rolandの音源で [Piano 16] を出せる。KORGの音源で「DXのエレピ」を出せる。

ただ、[reface] シリーズは、できる限り音源をオリジナルに近づけている。つまり、プレイバックサンプラーではない。

「もう一度、見てくれ!」

英語で動詞の原形が冒頭に来た場合は、命令形である。YAMAHAからのミュージシャンへの問いかけであり、挑戦であろう。

My First DX

  • 2018.04.09 Monday
  • 20:20
DX100.jpg

先日、上の写真の中央にあるものがウチのスタジオに加わった。
既にDX7を再現したボードやらそのサウンドをサンプリングした音源やらがあったり、或いはTQ5という初代EOSのモジュールがあったり、SY99という6オペ16音ポリのFMを進化させた音源をもったシンセがあったりするのだが、[DX] は初めてである。

YAMAHAは現在、これとそっくりな [reface DX] というコンパクトキーボードを出している。こちら
これと比べると

・スピーカーがついていない
・重い(reface DX が1.9キロなのに対して、これは2.9キロ)
・ディスプレイが貧弱(128×64ドットなのに対して、16文字1行)
・エフェクターがついていない
・イニシャルタッチではない(鍵盤を叩く強さが検出されない)
・単二乾電池6本が必要(reface DX は単三乾電池で動く)

などなど、不利な点は幾らでも挙げられる。
但し、reface の37鍵に対して49鍵ある。3オクターブと4オクターブの違いは大きい。

今まではKORGの [707] をショルダーにして使っていた(上の写真の手前のもの)。これはイニシャルタッチだけでなくアフタータッチまで備えている。音源はデジタル音源とだけ発表されているが、4オペのFM音源であることは知られていて、これはDXの下位シリーズ(DX21、DX27、DX100)と同じである。そして、単二乾電池6本で駆動できる。しかし、重量は4.9キロもある。DX100より2キロも重く、reface DX の倍を軽く超える。

しかし、ショルダーシンセのキーボードについて言うならば、イニシャルタッチ(タッチセンス、ベロシティとも言われる)は然程重要ではない。そういうものが求められる曲であるならば、スタンドに固定されたキーボードを使う。

すると、707とDX100の違いは筐体と鍵盤だけということになる(鍵盤数は同じ)。ならば軽い方がいい。

そして時代を感じさせるのが「カセット端子」:
カセットの端子.jpg

このシンセは作った音色を外部メディアに保存する方法がない。MIDI OUT/IN を使うこともできるが、当時はそれに対応できるPCや単体シーケンサーは非常に高価だった。PCのゲームデータすらカセットテープに保存する時代だった。

これはDX100のマニュアルから抜粋したもの:
スクリーンショット 2018-04-09 16.32.47.jpg

でもって、当時のCM:



---
そして、話を現代に戻す。
このシンセは北海道から佐川急便で届けられた。

佐川テ?ータ.jpg

驚いたのは、中程にある「北陸中継センター」である。郵便もクロネコも、追跡すれば新千歳空港を経由していることがわかる。佐川急便は小樽と新潟を結んでいる新日本海フェリーを使ったのだろう。関西へ送るには敦賀や舞鶴を使う手もあるが、時間のかかる船はできる限り短い区間に留めたかったものと思われる。

先日、Amazonが送料を値上げした。郵便や宅配事業に携わる人たちの労働環境を考えると、当然である。よく通販事業者が「送料無料」という言葉を使っているが、これほど他者の労働を愚弄する言葉も珍しい。せめて「送料弊社負担」と記すべきである。

話を佐川急便がフェリーを使っていることに戻す。「陸地はトラック、遠隔地には空路を経由」という前提すら崩さなければならないほどの状況であることを表している。本州と九州、四国の間は関門トンネルや本四連絡橋などのトラックの通れる通路があるが、青函トンネルは鉄道しか通れない。

青函トンネルの通行に関しては新幹線が最優先され、寝台特急や一般的な路線は排除された。しかし、JR貨物の列車は通行している。貨物列車のために北海道新幹線は時速140キロまで落とさざるを得ない状況をもって、「貨物は撤退しろ」という主張がある。だが、それでよいのか。

「佐川『急』便」が船を使っているのである。インフラの整備されている鉄道貨物が見直されていい。

「プラグインボード(PLG150-DX・DR)売ります」。

  • 2018.03.23 Friday
  • 23:00
MU2000EX.jpg

拙宅のスタジオに収まっている「MU2000(EXに拡張済み)」である。ディスプレイはMacで加工したものではない、そのまま。つまり、液晶が壊れてしまっているのである。音は出るのでSMF再生マシンにはなるが、その程度。

で、わかる人にはわかると思う「プラグインボードスロットが三つとも埋まっている」。下のインジケーターが四つとも点灯しているのが、その証。

そこに何が入っているのかというと、
・PLG150-DX (2枚):詳細はこちら
・PLG150-DR (1枚):詳細はこちら

名前の通り、DX7の音源とドラム音源。DX7のボードが二枚であるので、DX1やDX5と同じように32音ポリになる。
ドラム音源ボードは反響音までステレオで収録している。

MU2000はこれらのボードを3枚刺せるというだけで購入したもの。DTMに興味はないし、GMやGS、XGの陳腐なサウンドを使う気にもなれない。

で、まぁ76鍵のFS鍵盤でDXボードを鳴らせばDX5となるし、ドラムボードは十分なクオリティ……、そんなふうに考えていた。スペックだけで選んでしまった失敗である。

小生の作る楽曲ではドラムスの役割は小さい。そして、DXボードを鳴らすための「76鍵のFS鍵盤」とはSY99であり、これはAFMというDX7の音源を発展させた6オペ16音ポリの音源を載んでいる。FM音源に関してはTQ5という、キワモノではあるが4オペ8音ポリのモノがある。

SY99の導入はDXボードを導入してから10年近く経った頃であるので、DXボードの購入が無駄だったとは言えない。言えないと思う。そして今後であるが、YAMAHAの最新機種であるMONTAGEはPCMの他に「8オペ・88アルゴリズム・128音ポリ」というとんでもない音源を載んでいるし、往年のDXサウンドは他社のシンセがヴィンテージサウンドの一種として収録している。ドラム音源についても、さらに優れたサウンドをより安価に調達できる。

てなわけで、「プラグインボード、売ります」。

PLG150-DX:24,000円(送料込み)
PLG150-DR:22,000円(送料込み)
MU2000:応相談

関心のある方は、このエントリにメールアドレスを添えてコメントを残してください。コメントは公開しません。教えていただいたアドレスに直接連絡致します。

SMF

  • 2017.07.10 Monday
  • 22:03
[Standard MIDI File] の頭文字。
MIDIは、 [Musical Instrument Digital Interface] の頭文字。

MIDI規格が提唱されたのは、1980年代初頭。1983年に発売されたDX7が、MIDIの普及を後押ししたとされる。

MIDIで伝えられるのは演奏情報のみ。「どの鍵盤をどのタイミングでどの強さでどのくらいの長さで押さえたか」伝えられるのはこれだけ(厳密に言えばフットコントローラーやピッチベンド、モジュレーション情報も含むが、「演奏情報」であることには変わりがない)。あくまでも楽器間の通信規格であり、その情報をどのように処理するかはメーカ任せ。したがって、YAMAHA、Roland、KORG、KAWAI、AKAIなど幾つかのメーカからシーケンサ専用機が出されていたが、扱っている情報は同じなのにデータ互換性はなかった。

「これは非効率なんじゃないか?」としてSMFが1991年頃に出来上がった。2DDのフロッピーを介せば、どの機器で収録された演奏データであっても共有できるようになった。現在、[.mid] という拡張子で配付されているファイルであっても、フロッピーに落とし込めばQ-80EXで利用できる。長らく拙宅スタジオにあるのはQ-80という[EX] のついていないバージョンであり、他のシーケンサ専用機で作られたデータやネットで出回っているデータを扱うことはできなかった。「これはなんとかせねば」とヤフオクでQ-80EXを調達したのが、今年の一月。2台あるQ-80の両方をEXに置き換えようかとも思ったのだが、2回続けてヤフオク敗北。しかし、考えてみればSY99のシーケンサがSMFに対応しているので、いざとなればこれを利用できることに気づいた。スレーヴとしてしか使っていないSY85にも同じ性能のシーケンサがある。

GM音源も、ウチにはあるにはある。MU2000(EXに拡張済)とNS5Rの二台。RolandとYAMAHAがGSとXGで規格争いをしている時期もあったが、通信回線の充実により音声データそのものをやりとりすることが容易になった現在、不要になった。



似非音楽家として、ぼちぼちやらせてもらいます。

音楽関係のデータは小さい。

  • 2017.05.28 Sunday
  • 19:02
FD, RAM and ROM:
cards.jpg

嘗ては「ROMとRAMの違い」からコンピュータを知ったものだが、RAM(Random Access Memory)はともかくとしてROM(Read only Memory)なんて現代では死語に近い。

左端のフロッピーは2DDなので770KB。小指の先に乗るようなmicroSDが数十GBのデータを収容するような現代からすれば、1MBにも満たない記憶媒体なんて0に等しいかもしれない。

その右隣がKAWAIのK1向けのRAMカード、ROMカード。そしてYAMAHAのSY99やSY85で使えるRAMカード。
KAWAIの二つは消費税導入前のもので、RAMは定価が5,000円でROMが6,000円。店頭では幾らか値引きされて売られていたものだと思うが、数千円単位であることには変わりはなかったものと思われる。

YAMAHAのは1989年にリリースされたV50やSY77に対応しているあたりから、そのくらいの時期に発売されたものと思われる。

RAM 64K BYTES

と記載されている。KAWAIのは32KBくらいなのかもしれない。値段もYAMAHAだからKAWAIよりも高かったはず。7,000円くらいだろうか。

留意すべきは、80年代のシンセサイザーはFDドライブ(FDD)を持っていないのが当たり前だったことである(あのM1ですらFDDはなかった)。アナログシンセと異なり、デジタルシンセは各種パラメータの数値さえ合致させれば同じ音を再現できる。しかし、本体に保存できる音色数は64とか128とかというオーダー。よって、上記のようなメモリーカードが必要だった。プログラマが作成した音色はROMカードとして販売された。

事情はシーケンサも同じで、YAMAHAのQX5の記憶媒体はカセットテープだった。そこへQX5と同じくらいのスペックを持ちながら、FDDを備えたKAWAIのQ-80の出現は衝撃的だった。1988年で、M1発売前である。シンセのメモリカードで言うならば10枚分以上を一枚のフロッピーに収められるのだから、売れないワケがない。

1990年代になって、シンセもFDDを載せるようになった。フロッピー一枚の値段はそれまでのメモリカードに比べるとタダのようなもの。

Q-80、Q-80EX、K5000Sx2、SY99、SY85

拙宅で現役として働いている機種で、FDDを持っているもの。それも全て「2DD」。Power Mac Mirrored Drive Doorsもあるのだが当然FDDなど捨てられているので、USB接続の外付けFDDを導入した次第。

電子楽器の音色を決めるパラメータは明確な数字ばかりなので、データとして大した大きさにはならない。演奏データも然り。フルオーケストラの楽譜だと1頁で4小節しか進まないこともあり得るけれども、データ換算すれば写真1枚以下。

以上、データの大小と作品のクオリティはあまり関係がないという話。

Floppy Disk Drive

  • 2017.01.21 Saturday
  • 19:25
今頃になってフロッピードライブが必要になるとは思わなんだ。
いや、隣室であるPRIVATE STUDIOにはフロッピードライブの付いている機器が5,6台あるのだが、フォーマットはその機器専用。だが、SMFを扱えるQ-80EXがバルク品ではあるが完動品として入ってきたので、そこにデータを移すため。

それも2DDである。720KB。

ただ、MIDIデータは単純なデータなので、かなり凝った曲を書き上げたとしても100KB程度に収まる。側にはMirrored Drive Doorsもあるのだが、こんなものにフロッピードライブが付いているはずがない。

でもって、USB接続のFDDをWebで探した。ノーブランドの新品か有名ブランドの中古かで迷ったが、後者にした。有名ブランドの新品という選択肢もあったのだが、FDDなんぞに数千円も出せるかいな。

動作チェック済のものを500円(税込)で調達。いやはや。

MIDIチャンネルの備忘録

  • 2016.10.21 Friday
  • 23:48
このような自宅スタジオを構えているワケだが、5pinのMIDIケーブルで繋ぎ合わせているため、必然的に同時に使える楽器は16までになる。

実際に指を走らせるのは、MP8IIとSY99の二つ。MP8IIはピアノタッチなので他の音色には使い辛い。よってSY99をMIDIローカルオフの設定にして、送信チャンネルを変えることで他の機器を鳴らすことになる。SY99の鍵盤はFS鍵盤で弾きやすい上に、76鍵ある。

01ch:K5000S(TWIN)
02ch:PIANO(MP8II) + K1(TWIN)
03ch:JV-2080
04ch:K5
05ch:NS5R
06ch:SY99
07ch:Voice(MP8II)
08ch:PLG150-DX(TWIN)
09ch:TQ5
10ch:PLG150-DR
11ch:EP(MP8II)
12ch:DR(MP8II)
13ch:VZ-1
14ch:XD-5
15ch:SY85
16ch:SFX(MU2000EX)

未来形には濁点がつく

  • 2016.09.19 Monday
  • 20:36
Yahoo!BB ADSLの宣伝がまた派手になった。

12Mのプランで「月額1,272円(西日本)、ユニバーサル料金3円、標準工事費80円」だという(税別)。SoftBankのスマートフォンを利用している場合、500円が引かれるという(これに対する消費税の扱いはわからない)。そうすると、ADSLの利用料金が月額772円になる。しかし、この500円の値引きは2年間だけだという(小生の場合)。

拙宅では「ホワイトBB」という50Mのプランを利用して4年を超える。「月額1886円、ユニバーサル料金3円」(税別)であり、携帯電話の料金からは434円引かれる(何故かこれにも消費税が加わる)ので月々の支払いは1,455円(税別)である。速度も下り16Mが出ているので、問題はない。Yahoo!BBの12Mだと8Mくらいが最大値と思われる。規格の関係で12Mを超えることはない。そうであれば、今のプランを使い続ける方がよいことになる。デメリットは、

・キャリアアドレスがないこと
・携帯電話のキャリアをSoftBankから変更できないこと

であるが、一つ目は己のドメインを持っているので問題にならない。二つ目は地域による違いが大きいと思われるが、小生が動く範囲であれば問題なく繋がり、下りの速度も30M以下になることはない。「vodafoneは使い物にならない」とされていた地域なので、ユーザの絶対数が少ない。SoftBankに買収されてからエリアが急拡大したが、ユーザが同じ割合で増えるワケではない。特に当地のような田舎の場合は、住民のメディアリテラシが低く「電話はやっぱりNTT」のまま。おかげで空いている高速道路状態。

ADSLにはメタル回線が必要なのだが、拙宅の場合は月額1,558円(税込)。たまに「光にすると安くなります」という電話が掛かってくるが、固定回線とADSLをあわせて3,200円に達しないというと絶句される「どのような環境なのですか!?」。


さて。


2DKのアパート、襖の向こうはPRIVATE STUDIO。機材は着々と増える。主としてキーボードなのだが、直近は一ヶ月前のブラザー(今は電子機器メーカだが、元はあのミシンメーカ)のキーボードである。欲しいキーボードは楽器屋にはないのでオークションで探すよりない。実は今現在も、虎視眈々と狙っているものがある。こういうことを伝えると「まだ買うん!?」と言われる。購入した後に伝えると「また買ったん!?」。

狙っているのが何なのか、それは絶対に教えない。教えても欲しがる人は稀だろうけれども、教えない。今のところは入札はゼロ。既に一回、流れている(落札者なしで再出品されること)。

、欲するのである。

3→5→1→4→5000

  • 2016.09.18 Sunday
  • 20:34
タイトルと同じような流れとしては、

9000→9500→4→8→8II→5→10→6→11→7

というものがある。タイトルはシンセサイザーの型番で、リリースされた順。9000から始まるのはSTAGE PIANOのそれ。何れもKAWAI。タイトルのものにはアタマに [K] がつき、9000からのには [MP] がつく。

[K2] が出なかったのは、山の名前と重なるからか?
STAGE PIANOの場合、4, 5, 6, 7はそれぞれ前の数字のバージョン(9500, 8II, 10, 7)のプラスチック鍵盤バージョンで、基本的な性能は同じ。KAWAIのデジタルピアノは木製鍵盤を売りにしているので、プラスチックのはあくまでも例外。

シンセサイザー分野からは撤退したので問題はないが、STAGE PIANOは現行品。日本での知名度は低いが欧州では高い評価を得ている。次のSTAGE PIANOのモデルはMP12になるものと思われる。だが、プラスチック鍵盤バージョンに割り当てる数字が空いていない。

どないなるんやろか?

瞬殺

  • 2016.08.02 Tuesday
  • 13:17
「文月の晦」「葉月の朔」というタイトルで何かを書こうと思っていたのだが、昨日は一日中、復旧作業に追われた。

雷雨の激しかった31日の夕方、ほんの一瞬だが停電が起きたのである。

雷そのものに対してはサージ電流対策を行っているので、直撃やすぐ近くにでも落雷しない限り大丈夫である。停電に対しても、対応策は用意してある。だが、「一瞬だけの停電」には手の施しようがなかった。

そのとき、シーリングライトが消えてiMacもシャットダウンした。しかし、「瞬く間」という表現がそのまま当てはまるかのようにライトが再点灯した。Macも昔のものならば大変なことになっていたが、今のMacはトラブルに強い。PRIVATE STUDIOと寝室にそれぞれあるONKYOのオーディオは時刻がリセットされてしまった。だが、これは簡単に対処できる。

問題はMIDIデータである。

「停電が起きれば、すぐにA-880(MIDIパッチベイ)のスイッチを切る」。プッシュボタンは前面にあるのでワンモーションである。そして通電を確認してからスイッチを入れる。というのは、電源投入と同時にプログラムナンバー[000] を全チャンネルに送信してしまう仕様のシンセが幾つかあるからである。その時点で、繋がっているシンセの音色が初期化されてしまう(厳密には初期化ではなく、[000] の音色に強制的に戻される)。

昨今は殆ど停電が起きなくなった。それなりの措置が講じられているのだろう。そして、仮に停電が起きても可能な限り素早く復旧させるようにもしてあるがため、停電は一瞬で済んだのだろう。

しかし、拙宅に於いてはそれが裏目に出た。停電直前の状態に戻すのに丸一日かかった。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM