英検廃止論

  • 2015.01.30 Friday
  • 23:27
スクリーンショット 2015-01-30 22.35.23.jpg

Twitterの公式アプリを利用すると、このような宣伝Tweetが紛れ込んでくる。宣伝Tweetを流すのにどのくらいの金が必要なんだろ?上記Tweetが示しているリンク先は、こちら。儲かるワケがないので、状況を理解できる人だけドーゾ。

大体、「絶対に儲かる」のなら分け前を人に与えるようなことはしない。パチンコや競馬の「情報」然り。

さて。

vehicle.jpg
ジーニアス英和辞典第4版より

ジーニアスは昨年末に第5版が出たので、早めに入手したい。[vehicle] の語義の二つ目で説明されている「媒体」というところに着目した。最近はテレパシーという言葉を耳にしなくなった。そういう手段が使えるなら別であるが、オノレの思っていることや考えていることを最も効率よく伝える手段が言葉であることには変わりがない。そういう意味で [vehicle] は「言葉」の代名詞足り得る。

[vehicle] の第一義として挙げられているのは「(小型の)乗り物」である。クルマが売れなくなったと言って久しいが、それでも国内で年間数百万台の単位で売れている「そのクルマに乗ってどこに行くのか?」。単なる通勤であったりスーパーへの買い出しであったり。その程度ならば新車である必要はない。

[vehicle] を「言葉」に置き換えても事情はそれほど変わらない。朝起きてから夜寝るまでに、どれだけの言葉に接し、発するのか。そこで扱われる情報を伝達するために必要な言葉は、多くの人にとって、それ程難しいものではない。TOEICでの高いスコアも要らない。そうであるならば、「英会話力」とやらも大して必要とされない。胸に手を当てて日頃の会話を振り返ればよい。

肝要なのは「誰が何をどこに運ぶか」である。「最後のパレード」の作者が流暢な英語で説明したとしても、誰からも支持を得られまい。

英語ができればという妄想は、単に多く目にすることに起因するだけであり、スワヒリ語(でなくともオランダ語でもロシア語でもよい)が街中で最もよく出食わす言語であったならば、その言語が英語にとって代わるものと思われるが、抑、大した中身もない意思疎通しかしていない人にとって外国語学習は意味がない。

このように考えると、小学生へ英語を習得させることの無意味さも見えてくる。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM