え゛っ!

  • 2015.05.22 Friday
  • 13:53
ポツダム宣言をつまびらかに読んでいないので直ちに論評することは差し控えたい。
つまびらかに承知していない。


前者は朝日新聞、後者は北海道新聞によるもの。国会図書館のサイトで「詳らかに」公開されている。こちら
プリントアウトすれば、紙一枚に収まる内容。見たくないものをここまで露骨に「見ない、読まない」と宣うとは。ま、麻生太郎も「新聞は偏っているから読まない」と総理時代に宣った。現在、財務相。「バカのままでいると、大臣くらいにしかなれないよ」と、自分に子どもがいれば言うかもしれない。言うに違いない。

さて。

マイナビニュースより:
iPhoneユーザーのための「正しい」Mac入門 その1
矢橋司  [2015/05/14]

1.iPhoneユーザーならMacを選べ!

最近では多くの人が、まずはiPhoneを使い、iPadを使い、そのあとでPCを使い始めるという傾向にあるらしい。かつてはまずしっかりしたスペックのPC、その上で連携する周辺機器という順序だったが、今では関係が逆転した形だ。つまりiPhoneあってのPC=パーソナルコンピュータ。確かに最近ではiPhoneだけでほとんどのことができるようになってしまった。であれば、PCをあえて購入する理由は何だろう。就職活動に必要? 自宅でもっと簡単にインターネットを使いたい? するとそのPCに選ぶべきはどの機種だろうか。

このコーナーでははっきりと断言しよう。「iPhoneユーザーならMacを使おう」と。iPhoneと同じアップルが作るMacこそが、iPhoneユーザーが選ぶべき機種なのだっ!(強調!)

iPhoneを使っている人の多くは、iPhoneが(日本国内では)安くて多くの人が使っているから安心と考えて買っているかもしれない。しかしiPhoneを使っていくうちに、とてもシャープで美しいデザインやわかりやすいインターフェイス、そして使いやすさに魅了されていることだろう。アップルの製品は昔から使いやすく、わかりやすいのが特徴で、それはMacから続くアップルの思想そのものだ。

特に最新のMacBookはMac史上最軽量でとても美しく、今後のPCのトレンドを左右するものだ。色もiPhoneに合わせてシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3種類。まるで「あなたのiPhoneに合わせて色を選んでね(はぁと)」と言ってるようではないか! これはもう、iPhoneユーザーなら目をつぶってMacBookを買うしかない。

もちろんデザインだけがMacを薦める理由じゃない。iPhoneに関連する様々なサービス--例えばiPhoneに手持ちのCDから音楽を入れたいとき、Macにある「iTunes」を使えば簡単だし、iPhoneユーザーの多くが直面する「iPhoneのバックアップ問題」も解決する。iPhoneの「写真」にある写真データは、Macにもある「写真」.appに自動的にバックアップされる。さらにMacの「カレンダー」に入力した予定が自動的にiPhoneに反映されたり、iPhoneの「連絡先」が自動的にMacと同期できる。アップル製品らしく、これらの作業があまり考えることなくできるのがiPhoneとMacの連携の良いところなのだ。

昔はPCユーザーばかりだったり、会社で使っているのがWindowsだったりで、WordとExcelが入ってないと! ということもあったが、最近はセキュリティの問題で会社のデータを自宅に持ち帰って作業することもできなくなっている。つまり自分が使うためのPCなら、WindowsでもMacでもいいということだ。それなら!スタイリッシュでiPhoneと連携して使いやすいMacを買おうじゃないか!

てなことでこの連載では、iPhoneユーザーのためのMac選び、Mac OS Xの基本的な使い方、iPhoneとの連携などを紹介していこう。iPhoneしか使ったことない〜という人も、これを読めばMacをバリバリ使いこなせるようになるはず。すでにMacを持っている人も、意外な連携方法を見つけることができるかもしれない。これから続くMac OS Xのバージョンアップ、iOSのバージョンアップによって増えていくだろう便利な機能も紹介していきたい。この連載を読めばあなたも立派なMacユーザーになれる!

※フォント赤色は小生による

ビギナー向けの文章であるが、ここまで理解している筆者は林檎ビギナーではない。そういう人の文章のリードとして、「最近では多くの人が、まずはiPhoneを使い、iPadを使い、そのあとでPCを使い始めるという傾向にあるらしい」と書いたことに脱帽した。

そうなのかもしれないと思ったことがなかったワケではないが直視しなかったのは、安倍晋三と同じなのかもしれない。電車には月に一度しか乗らないのだが、iPhoneを手にしている人がそこここにいる。サラリーマンも学生も。流行りなのか、手帳風のケースが使われていることも多い。

あまり他人のデバイスの画面を覗き込んではいけないので一瞥するだけだが、所謂「落ちもの」のゲームをしている人が多い。そうして、ヘッドフォン端子には何も刺さっていない。

iTunesにはWindowsバージョンもある、見たことも触ったこともないけれど。林檎ほどではないにせよ、母艦の役割は果たしうる。だが、多くのiPhoneユーザが「ケータイ」と同じようにスタンドアローンで使い始めていることになる。アプリの購入は仕方がないが、楽曲までiTunes Storeで買っていると直ぐにカネが尽きる。「CDをiTunesに取り込んで、Geniusから楽曲情報やジャケットの画像を取り込んで」という使い方はしないのだろう。

好きな楽曲はYouTubeで聴くのだろうか?そんな使い方をしていると7GBなんてあっという間。iTunes Storeには映画もある。3GBを超える大きさのものもある。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM