Mine Is Naked.

  • 2015.06.01 Monday
  • 18:57
MINISTOPのコーヒーが作り置きから「その場でドリップ」に代わっていた。セブン方式。ホットはともかくとして、アイスは注ぐだけの方が手っ取り早くてよかったのにな。

保温タンブラーを持参して、自宅に持ち帰った:
2015-05-31 16.27.42.jpg

右が持ち帰ったもの、左がウチのDolce Gustoで淹れたもの(ルンゴ)。同じシュガーとクリームを入れた。
一箱924円で16カプセルなので、

924/16=57.75(円/1杯)

電気代その他を含めると、60円くらいかな。どちらも無難な味でそれなりにおいしく、甲乙つけ難い。とすると、少なくともホットコーヒーは自宅で飲む方が安い。喫茶店だと400円くらいするのだが、あそこには雰囲気という付加価値がある。

J-CASTニュースより:
JKは圧倒的にiPhone好き 「Android使うのは恥ずかしい」というのは本当?
2015/5/31 11:30

東京・原宿の女子高生100人に、スマートフォンの利用についてアンケート調査を行ったところ、AndroidのユーザーをiPhoneユーザーが大きく上回ったことが、アプリマーケティング研究所の調べでわかった。
日本人が「iPhone好き」であることはよく知られているが、その人気を「JK」のパワーが後押ししているかのようだ。

iPhoneを使う理由、「ケースがかわいいから」

アプリマーケティング研究所によると、原宿の女子高生100人のうち、「iPhone」のユーザーは82人、「Android」のユーザーは18人だった。2015年5月21日付でインターネットに公開。「周りにAndroidを使っている子はいますか?」との質問にも、「周りもiPhone」との回答ばかりだったという。
iPhoneを使う理由は、「つかいやすい」「はやい」との声にまじり、「ケースがかわいいから」が最も多かった。AndroidよりもiPhone用のケースの種類のほうが豊富なので、「好みのものを見つけやすい」というのだ。
女子高生のあいだでは、かつてガラケーにデコシールやストラップを付けた「デコ電」が流行った。スマホも、ファッションの一部として楽しみたいということらしい。
一方、Androidユーザーに「どうしてAndroidを使っているのか」聞いていたところ、

「変えられるならiPhoneがよい」
「ドコモでまだ売ってなかったから」
「なんとなく」

など、「仕方なく使っている」というネガティブな理由が多かった。
どうやら、女子高生のあいだに、Androidを使っていると「からかわれる」「恥ずかしい」といった空気があるようなのだ。

こんな結果にインターネットでは、

「カバーが豊富にあるのが理由ってのはわかる」
「男性は実用性、女性はファッションで選ぶ!」
「女は周りと一緒じゃないと不安だとか、のけ者意識があったりするからだろうな」
「周りに流されるのはよくないってよく言われてるけど、調和って大事だよ」

と、女子高生に理解を示す声がある。
その半面、

「iPhoneである必要性がまったく感じられねーよ」
「要はブランド選びと一緒じゃん」
「カワイイからとかじゃないよ。正しくはよくわからないから有名なやつを選んでるだけ」
「知り合いが『あたしのまわりにはiPhone持ちしかいないよ。それ以外使ってんのはおかしい』とか言ってた」

との声もみられる。
なお調査によると、女子高生が一番使っている動画アプリは「YouTube」が80人と圧倒。YouTubeを音楽プレイヤー代わりに使っている女子高生が多かった。また、よく使っているソーシャルメディアは、1位がLINE、2位はTwitterだった。

価格が同じくらいなら、iPhone!

世界的にみると、米グーグルの基本ソフト(OS)「Android」を搭載したスマートフォンのシェアが圧倒。日本は唯一ともいえる「例外」であることで知られている。
調査会社のIDCジャパンによると、2014年のスマホ出荷台数は前年比12.4%減の2654万台。国内スマホ市場が本格的な立ち上がりを見せた2010年以降、初めてマイナス成長となったが、その中でiPhone(アップル、iOS)の出荷台数のシェアが58.7%を占め、その強さを示した。ソニーやシャープ、サムスンなどのAndroid勢は半数にも及ばなかった。
ところが、米IDCのOS別の世界スマホ市場によると、2014年はiOSとAndroidによる寡占状態がさらに進み、両方のOSを合わせたシェアは前年より2.3ポイント増の96.3%。このうち、iOSのシェアは前年より0.3ポイント減の14.8%だったが、Androidは2.8ポイント増の81.5%を占めたのだ。
日本人のiPhone好きの理由の一つには、価格があるとされる。海外では、iPhoneは「高級品」で、Androidのほうが安く販売されている。それがシェアの拡大に寄与している。半面、日本ではiPhoneもAndroidも同じくらいの価格で販売されている。女子高生にしてみれば、価格が変わらないのであれば、「みんなと同じ」ことや「おしゃれ」であることを優先するのは当然のことかもしれない。

インターネットでも、

「カバーとかで選ぶ女子って機械に弱いから、どっちにしたって使いこなしてはいないだろ」
「どうせ自分にあった機種を調べる努力すらしないからな。みんなと同じがいいんじゃね」

との指摘があるように、女子高生がスペックにこだわるというのも考えづらいようだ。


ふーむ。
最初のiPhoneは [3G] だった。2009年2月のこと。こちら
当時は林檎好きが使うもので、「それは何ですか?」「携帯電話です」というやりとりが珍しくなかった。

現在の状況は小生が述べるに及ばず。上の記事の通り。この文章を作るのに使っているマシンには、オーディオデータが53.79GB、映像データが494.7GB、夫々入っている。手許のiPhone 6 Plusは一番容量の大きい128GBのモデルだが、iMacに入っているものを全て移すことはできない。ま、オーディオデータは問題なく移せるので、現状には満足している。

「東京・原宿の女子高生100人に、スマートフォンの利用についてアンケート調査を行った」とあるが、統計学には使えないサンプルの採り方。それでも、女子高生の間ではiPhoneが多く使われているのであろうことは認められる。

「ケース」というのは、国民性なのかもしれない。クルマの塗装も「ボディの錆防止」なのだが、その塗装を守るためのコーティングが存在する。

小生は手許のiPhone にもiPadにもケースもカバーもつけていない。そのままで使っている。iMacのキーボードにはカバーをつけているのだが、これは各キーのハングルシールが剥がれやすいからである。

上の記事の女子高生に関していえば、「同期?何それ?」なのだろう。「ケースがかわいい」というユーザには、母艦の有無などどうでもいいのだろう。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM