物理Delay

  • 2015.07.08 Wednesday
  • 20:33
「どうしてTHE PREMIUM MALT'S6缶パックが1,200円未満なのだ?」と訝しみつつも、迷わずレジへ。缶は「ザ・プレミアム・モルツ・フェスト開催記念缶」と特別パッケージ。5月初旬に行われたキャンペーン向けの商品らしい、なるほどね。こういう商品を仕入れてくれるスーパーの担当者さまには、感謝するばかり。

さて。

小生が初めて買ったシンセは「最大16音ポリ8パート」で定価99,800円だった(モニタースピーカーを二つつけてもらって10万円でお釣りを貰った)ということは何回か書いたが、今ならその半額程度で同時発音数が64を超えるものを買える。

[KAWAI K1] という小生のファーストシンセは4つのオシレータ(発信器)を組み合わせて音を作るという、倍音加算の流れを汲むものだった。オシレータの総数は32なので、一音色に4つのオシレータを使うと最大同時発音数は8、2つのオシレータだと16だった。任意の二つのオシレータでリングモジュレーションをかけることもできたが、出音が予想しづらく、毛色の変わったノイズの作成がせいぜいだった。

「4つのオシレータで8音ポリ」というのは、YAMAHAのDX21、27、100などと同じである(マニアックな人のために [9] と[11] を付記しておく)。これらの機種の場合は、
DX21.jpg
※DX21のパネルより

このようにオシレータの組み合わせをアルゴリズムという形で選べたのだが、KAWAI K1の場合は上の図でいえば8番の並列アルゴリズムのみである。だがYAMAHAがサイン波のみを使っていたのに対して、K1には256の波が用意されていた(DX11(=V2)では波は8種類に増えた)。しかし、基本的な音作りのコンセプトが異なる以上、どちらがよい悪いとは言えない。PCMの技術が電子楽器では利用できない段階だったので、「好み」である。

それでもDX21を持ち出したのは、デュアルモードという機能に触れたかったからである。線が細いとされていた(?)FM音源の弱点を補う機能で、二つの音色を重ねることができたのである。特にストリングス系統の音色で、同じ音色を二つ用意してピッチを僅かに変えることにより、実質的に一つの音色に8つのオシレータを使えた。勿論、そのときの同時発音数は4になる。

ここでやっと、ウチのPRIVATE STUDIOの話に入ることができる。

2015-07-08 16.13.18.jpg

本日、K1をもう一つ導入した。それまで使っていたK1のMIDI THRU端子からMIDI情報を流すようにし、本体のピッチを2セントだけずらした。DX21のやりかたと同じ。DX21は発売(1985年)時に133,000円もしたが、今ならK1を2台揃えるには2万円でお釣がくる。それでいてここが重要なのだが、「現在でも使えるサウンド」。

特にプリセットで最初に出てくる [Voice Ahh] は女性のコーラスを8ビットでサンプリングしたものであり、サンプリングされたと思われるA4を離れるにつれ、人の声とは程遠いものとなる。しかし、その粗さによる味は、現行のシンセサイザーでは出せないものである。二十年来、これを微かにピアノに被せるという使い方をしている。

[Voice Ahh] に使われているオシレータは2つだけなので、16音使える。アタックの緩やかなサウンドなのでピアノのバックとしては十分である。更に言えば、ピアノとして使っているMP8IIから一台目のK1にMIDI信号が届くまでに、[MM-16] [A-880] [Q-80] と、三つもの機器を媒介している。当然、発音の遅れが生じるが、それくらいでちょうどいい目的の音色である。而も、更にそこから一台追加している。言わば、MIDI信号の遅れを利用したDelayである。MP8IIと二台のK1のサウンドは、同じミキサーに流れ込む。

後はオペレータ(演奏者)の技量次第。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM