鍵盤の有無

  • 2015.11.22 Sunday
  • 00:40
iPad Proが発売された。128GBのWi-Fiモデルが112,800円(税別)、32GBで94,800円(税別)。
セルラーモデルだと128GB128,800円(税別)
……、とても買えない。

iPad Proのディスプレイは12.9インチ。同じくらいのディスプレイならば、
13インチMacBook Airの128GBが112,800円(税別)、256GBで136,800円(税別)。

Surface Pro 4は134,784円(税込・参考価格)らしい。ディスプレイは12.3インチ。
Windowsのノートであれば3万円からあり、ディスプレイサイズが15インチを超えるものもある。

使い方によって求めるものは異なるのだろうから、どれがよい悪いとは言えない。ただ、小生にすれば「物理キーボードのないデバイスは、つらい」。

iOSの日本語入力は明らかに進化している。しかし、どういった文章を作ることを想定してプログラミングされているのかわからないのだが、小生にとってはお節介と感じることが多々ある。

今、このブログ記事はiMacで書いている。iPhoneでもiPadでも可能ではあるのだが、ひらがなと漢字の使い分けを始めとして意図する表現を導くのに苦労するので、しない。

Macやネットを利用する際、小生の場合は文章を綴るという行為が一番大きな比重を占める。「山葵入りのことえり」は最も使いやすい入力メソッド。Yosemiteからはことえりが切り捨てられ、単語登録でも品詞指定ができなくなった。iOSと同じ仕様。

iPhoneやiPadなどのキーボード(鍵盤)を持たないデバイスならば、致し方ないかとも思う。だが、物理的制約の小さいデバイスまで追随させる必要はない。

最近のWindowsマシンには、ディスプレイとキーボードを分離できるタイプがある。タブレットユーザを取り込む戦略はわからんでもないが、日本語変換メソッドは、分離しているときも結合しているときも同じものと思われる。・・・使い難くないのかなぁ。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM