3→5→1→4→5000

  • 2016.09.18 Sunday
  • 20:34
タイトルと同じような流れとしては、

9000→9500→4→8→8II→5→10→6→11→7

というものがある。タイトルはシンセサイザーの型番で、リリースされた順。9000から始まるのはSTAGE PIANOのそれ。何れもKAWAI。タイトルのものにはアタマに [K] がつき、9000からのには [MP] がつく。

[K2] が出なかったのは、山の名前と重なるからか?
STAGE PIANOの場合、4, 5, 6, 7はそれぞれ前の数字のバージョン(9500, 8II, 10, 7)のプラスチック鍵盤バージョンで、基本的な性能は同じ。KAWAIのデジタルピアノは木製鍵盤を売りにしているので、プラスチックのはあくまでも例外。

シンセサイザー分野からは撤退したので問題はないが、STAGE PIANOは現行品。日本での知名度は低いが欧州では高い評価を得ている。次のSTAGE PIANOのモデルはMP12になるものと思われる。だが、プラスチック鍵盤バージョンに割り当てる数字が空いていない。

どないなるんやろか?
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM