そうそう思い通りになるものか

  • 2016.12.05 Monday
  • 14:13
過日、小生の生活様式に対して「徹底した断捨離ですね」と言われた。「いや、ウチにはモノは多いはずだが」と思ったが、靴は一足しかないし(最後に履いたのがいつか忘れたくらい。少なくとも今年はまだ靴を履いていない)、衣類も僅少。他方、……となる。一人暮らしの場合、必要なものか好きなものしかないのが普通ではなかろうか。使えなくなったり興味がなくなったりすると処分する、それだけである。

さて。



カジノ法案の性急過ぎる成立は、憲法改○のための取引を維新としたからだろう。毎日、朝日、読売、産経は3日の社説で、日経は4日の社説でカジノ法案について書いたが、主要紙がここまで足並みを揃えたのは「新銀行東京は諦めよ」以来ではなかろうか。

このTweetで紹介されていることの他にも、アベの空振りは幾つもある。

都知事選でしくじった。自民党候補が不利だと見るや応援演説を取りやめた。自分が応援に入って負けたとなればダメージが大きい、不戦敗である。北方領土もうまくいっていない。プーチン大統領を「ウラジーミル」と呼んで親密さをアピールしているが、国境線の変更には戦争レベルのイベントが必要であることは歴史が証明している。どれだけ「択捉島までが日本の領土」と言ったところで、相手が「そうですね」と応じるはずもない。これはどこの国の領土問題でも同じこと。非武装地帯にするという提案があるが、それもあくまでもロシアの領土としてである。

拉致問題については、全くやる気なし。景気回復についても、最近は本人がアベノミクスと言わなくなった。年金カット法案についても押し切ったが、これは前回「消えた年金」で辞任に追い込まれたトラウマ。反対意見に全く耳を貸さず、「理解が足りない」の一本やり。本当に足りていないのは本人のアタマ。よって、痛いところを突かれると感情を剥き出しにして「民主党政権は何もできなかったではないか!」。

……、「悪政を為すくらいなら、無政の方がまだいいんだよ」。論議の上で妥協点を見出せずに具体的な結果を出せなかったとしても、それは民主制が想定している一つの姿。

メディア統制も崩れ始めた。新聞とテレビに圧力をかけ、NHKには経営委員を変えてまで意中の人物を送り込んだ。だが、籾井勝人は実質上、クビになった。TPPその他の失敗はもちろん大きいが、一番のダメージはここだろうと小生は見ている。憲法改○への途半ばで、アンダーコントロールとしていた公共放送を手離すのは相当な痛手である。籾井勝人解任を黙って見ていたはずはなく、いろいろと裏で策を講じていたはずなのである。表面化しなかっただけで、これは大敗北である。もちろん、民放各局や新聞社その他のメディアもこれを見抜いていないわけがない。そうすると、第四の権力が機能を回復する。前回、お粥しか食べられなくなって職責を放り出すに至ったのは、第四の権力からの追及に耐えられなかったからである。そうであるが故、官房長官に菅を据え、就任早々からメディア統制を行った。それがここへきて破綻した。

昨夜のNスペは「戦艦武蔵の最期」であった。沈没直前に内部の砲弾と砲弾を射出するための火薬が爆発したのだろうという新説だった。自民党総裁選挙で野田聖子を力づくで抑え込んだアベ、自民党内部に相当な反乱分子が存在していることを知っている。

自民党の内規を変更してオリンピックまで首相であり続けようとしたようだが、夢想に終わる模様。

「それでも十分、『日本史上最もアホだった総理』として歴史に名を残すことはできるよ」、アベくんへ。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM