報われない社会

  • 2017.03.14 Tuesday
  • 22:09
昨日の新聞を買ってきた。駅のスタンドやコンビニでは当日の新聞しか売っていないので、散歩がてら新聞販売店に足を運んだ。日付の過ぎた新聞は価値がないとされるので、かなり値引いてくれる。産經新聞は当日付けでもワンコイン(100円)らしいが、それよりも安い。

兵庫県の公立高校の入試問題を見たかったからである。公立高校の入試問題というものは、憲法に近い性質を持っている。「ウチの都道府県の小中学校では、このような問題を解けるような指導をしています」という公表だからである。歴史教科書でんでんという輩は、社会科の近現代の辺りしか見ないのだろうが、理科も数学もよい問題が出されている。理科では地震のP波に関する具体的な問題が出され、数学では携帯電話の料金プランを比較させる問題が出ている。国語と英語も奇を衒わない問題。

※兵庫県の今年の問題


さて。


小生は教育という言葉が嫌いである。「社員教育がしっかりとなされている」という言い方があるが、これは雇用者にとって都合よく振る舞うように社員が「訓練」されていることである。雇用者を国の水準にまで引き上げると、義務教育や高等教育になる。そうすると、役に立たない学問は軽視される。学徒出陣では文科系の学生から徴用されたが、「文学や哲学は役に立たない」という為政者の考えの結果であり、今の政府も「自衛隊に協力するなら予算を出す」という方針を進めようとしている。

学者にもバカがいることは否定しないが、アベ水準のバカばかりではないのも事実である。故に軍事研究はしないという学会声明が出された。だが、これは学会だからできたことであって、知的弱者は反対するという概念すら持ち得ず、服従するよりない。

そうして、バカでも総理大臣になれるのだとして学習を放棄する若者がいても不思議はない。それと同時に、賢明な若者は勉強しても無駄だと感じるはずである。なぜなら、社会に於いて有力なポジションにいる者(首相を含む)であっても、漢字入り(ルビなし)の原稿を読むことができない現実を見ているからである。

あるポジションや地位に必要とされる能力を持ち得ずとも、そのポジションにおさまることができる。そうであれば、本来そのポジションにいるべき人が理不尽な理由で排斥されることになる。「結局は家柄」として、経済弱者の子弟は学習を放棄する。これを知って経済強者の子弟は何の学習しても無駄だとして放棄しそのまま大人になってしまう。その典型なのがアベとアソー。

アベとアソーの低劣の言動が報道される回数に応じて、優秀な子どもは芽を摘まれ、勉強が嫌いな子どもは図に乗る。どちらも勉強をしないのだから、全体の平均が下がるのは明らか。

しかしバカな国民、正確には思考を放棄した有権者ほど為政者に都合のよい存在はない。「それでもやっぱり自民党かなぁ」という輩が内閣支持率50%を形成している。「やっぱり」という言葉は、物事を検討する前に有力な選択肢があることを意味し、それを支持する人が少なくないことを意味する。「選挙は自民、野球は巨人」という輩は初手より思考を放棄している。

四捨五入すると五十になる小生、有事に徴兵されるようなことはないだろうし、体力の極めて劣る小生をも徴兵せねばならないような軍ならば、すぐに壊滅する。昨今は高齢者が自動車を運転することによって起こした事故の犠牲者も多いが、それを避けられたとすれば寿命や病気という生物学的要因ではなく、「国家の愚策」によって命を落とす可能性が一番高くなることになる。

戦時中の空襲の犠牲者とその遺族には、未だに何の保障もなされていない。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM