昨今の喧噪に

  • 2017.07.07 Friday
  • 04:02
都議選で自民党惨敗とのこと。

関西で悉く維新に議席を取られたことがあったし、民主党に政権交代するに至ったときの選挙も「歴史的惨敗」と新聞の見出しに出た。

そして現在、維新は自民の補完勢力。民主党は自滅。都民ファーストっつーところも自民と同じ。よって、何らかの形で自民が盛り返してしまうんだろうな。

ただこれで「安倍による改憲」と「安倍の自民党総裁選三選」は事実上、なくなった。
改憲そのものには賛成も反対もない。「どこの条文をどのように変えるか」で賛成か反対かになる。

たとえば、
内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

これは第五十三条なのだが、これを、
内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は一週間以内に、その召集を決定しなければならない。

と改憲するのであれば、これには賛成する。現行憲法は、期日の指定がないことをいいことに臨時国会を召集しない内閣の出現など、想定もしていなかったのだろう。


加えて、北朝鮮のミサイル発射も騒がれている。アラスカまで飛ばせるとかどうとか。確かに相当な技術進展はあるのだろうが、そうであれば目標を定める技術もそれなりに進展しているはず。核弾頭を載せたミサイルを飛ばせば北朝鮮が即座に壊滅することは明らかだし、そうでないミサイルであっても他国のEEZに落とすくらいで、領土に落とすような飛ばし方をするとイラクと同じことになる。我身可愛さの金正恩がここまで捨て身のことをするとは思えない。

ミサイル発射で一番喜んでいるのは北朝鮮の将軍様ではなく、日本の「裸の王様」。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM