SMF

  • 2017.07.10 Monday
  • 22:03
[Standard MIDI File] の頭文字。
MIDIは、 [Musical Instrument Digital Interface] の頭文字。

MIDI規格が提唱されたのは、1980年代初頭。1983年に発売されたDX7が、MIDIの普及を後押ししたとされる。

MIDIで伝えられるのは演奏情報のみ。「どの鍵盤をどのタイミングでどの強さでどのくらいの長さで押さえたか」伝えられるのはこれだけ(厳密に言えばフットコントローラーやピッチベンド、モジュレーション情報も含むが、「演奏情報」であることには変わりがない)。あくまでも楽器間の通信規格であり、その情報をどのように処理するかはメーカ任せ。したがって、YAMAHA、Roland、KORG、KAWAI、AKAIなど幾つかのメーカからシーケンサ専用機が出されていたが、扱っている情報は同じなのにデータ互換性はなかった。

「これは非効率なんじゃないか?」としてSMFが1991年頃に出来上がった。2DDのフロッピーを介せば、どの機器で収録された演奏データであっても共有できるようになった。現在、[.mid] という拡張子で配付されているファイルであっても、フロッピーに落とし込めばQ-80EXで利用できる。長らく拙宅スタジオにあるのはQ-80という[EX] のついていないバージョンであり、他のシーケンサ専用機で作られたデータやネットで出回っているデータを扱うことはできなかった。「これはなんとかせねば」とヤフオクでQ-80EXを調達したのが、今年の一月。2台あるQ-80の両方をEXに置き換えようかとも思ったのだが、2回続けてヤフオク敗北。しかし、考えてみればSY99のシーケンサがSMFに対応しているので、いざとなればこれを利用できることに気づいた。スレーヴとしてしか使っていないSY85にも同じ性能のシーケンサがある。

GM音源も、ウチにはあるにはある。MU2000(EXに拡張済)とNS5Rの二台。RolandとYAMAHAがGSとXGで規格争いをしている時期もあったが、通信回線の充実により音声データそのものをやりとりすることが容易になった現在、不要になった。



似非音楽家として、ぼちぼちやらせてもらいます。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM