動詞の原形

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 22:02
一つ前のエントリで触れた [reface DX] について。

この [reface] には四つの機種が用意されていて、他には [CS] [CP] [YC] がある。
それぞれ、YAMAHAが昔出した「デジタルシンセ」「アナログシンセ」「エレクトリックピアノ(エレクトロニックピアノではない)」「オルガン」の再現と、現在の技術をもっての機能の付加をしたもの。

[reface DX] のYAMAHAの動画:


冒頭「りふぁいす」と、オーストラリア英語で始まる。これは商品の紹介なので名刺扱いであるのは当然だが、[reface] とは動詞の原形である。ジーニアス英和辞典第5版:
reface.jpg

たったこれだけの説明。
よって、[face] を見てみる。これは基本的な単語なので説明が数ページに及んでいる。故にその「動詞」としての説明部分:
face-v.jpg

どうもすっきりしない。[reface DX] の [reface] とは、YAMAHAの造語だろう「もう一度、見てくれ!」。

今はYAMAHAでもRolandでもKORGでも、オールインワンシンセでは一通りの音がサンプリングされている。YAMAHAの音源で [Fantasia] が出せるし、Rolandの音源で [Piano 16] を出せる。KORGの音源で「DXのエレピ」を出せる。

ただ、[reface] シリーズは、できる限り音源をオリジナルに近づけている。つまり、プレイバックサンプラーではない。

「もう一度、見てくれ!」

英語で動詞の原形が冒頭に来た場合は、命令形である。YAMAHAからのミュージシャンへの問いかけであり、挑戦であろう。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM