病理

  • 2018.06.14 Thursday
  • 22:32
プライベートスタジオの壁に貼った。
・MIDI結線図(左上)
・サウンドライン(右上)
・MIDIチャンネル(下)
2018-06-14 21.13.49.jpg

アタマの中では「こことここが繋がっているはず」と理解しているはずなのだが、時折、音が出ないという状況に陥るので視覚化した。メインキーボードの前に貼ったので見やすい。


さて。


一人の男が新幹線の中で刃物を振り回して、犠牲者が出る事件が起きた。JRに対策を取れと言う声が上がっているけれども、無理。野球をしに行くためにバットを持っている人はどうなるのだ?街中では、一定以上の長さの刃物の携行は禁止されている。電車の中も同種の空間。こういう行動に出る人物が出てこないようにするしかない。

そしてもう一つ。神戸新聞NEXTより(写真も同紙より):
多量の看板掲げ、JR西を誹謗中傷 不動産会社を捜索


d_11347555.jpg
歩道上を占拠して掲げられた看板の撤去作業を始める警察官ら=12日午後0時38分、姫路市南駅前町


d_11347307.jpg
通路上を占拠して掲げられた看板の撤去作業を始める警察官ら=12日午後、姫路市南駅前町


 JR姫路駅の高架下などに「○Rはドロボー」などと記した看板を20枚以上掲げてJR西日本を誹謗中傷したとして、兵庫県警姫路署は12日、名誉毀損の疑いで、姫路市南駅前町の不動産会社「とく也不動産」を捜索し、証拠品として看板やパイロンなど計約140点を押収した。
 同署などによると、今年4〜6月、JR西が恐喝や詐欺などを行っているかのように示唆する看板などを同社前に設置した疑いが持たれている。JR西が5日、誹謗中傷を受けたとして同署に被害届を提出。この日は同署員約20人が看板などを取り外した。今後、同社社長らから設置の経緯などについて事情を聴く。
 また、姫路市は看板やパイロンのほか、歩道などに置かれた割れたバケツや酒瓶、ブロックなどが通行を妨げていたとして、再び設置した場合は道交法違反と業務妨害などに当たると同社に文書で通知した。
 現場は同駅東口の南側で、通勤客や観光客らが行き交う通り。昨年秋以降、パイロンなどが置かれ、近隣住民や商店から不安の声が寄せられていた。

※フォント赤色は小生による

しっかりHPまで持っている会社が、こういうことをするのは珍しいのではないか。会社のサイト
上の写真を見る限り、これでは客が入れない。商売にならないはず。
別の報道では立ち退きトラブルらしい。いろいろと不満はあろうが、どうしてこういう行動に走ってしまうのだろうか。新幹線で刃物を振り回した奴と通じるものを感じる。

一つ気になったのは捜索理由「名誉棄損」。私物であるので、簡単に撤去はできない。ゴミ屋敷と同じ。推察ではあるが、警察がJR西日本に被害届を出すように要請したのではないだろうか。そうして「これは名誉棄損に当たるので撤去するように」と口頭や文書で警告し、その上での捜索だろう。いきなりの撤去はしないはず。今回の押収物についても「再び設置すると道交法に違反して業務妨害にも当たる」と警告している(赤フォント部分)。

小生の場合はそれがなかった。その顛末、こちら
一般的な警察官のネット活用能力は極めて低いのだと、そのときに知った。自宅の鍵を締めて携行していったのだが、その鍵と一緒にキーホルダーにつけていたのが「ワンタイムパスワード生成機」。「これは何?」「ワンタイムパスワード生成機です」「なにそれ?」「ネットバンクを使うときに使います」「は?」「これ、ネットに繋がってへんやん!」…そういう不毛なやり取りが続いた。押収品目名は「キーホルダー(白色、7センチ大)」だった。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM