なんでサツはそれを知ってたん?(関西弁・訳「どうして警察はそれを知っていたの?」)

  • 2017.04.15 Saturday
  • 20:13
本日届いた、テーブルになるゴミ箱:
2017-04-15 18.49.28.jpg

リラックスチェアの高さと相性が良さそうである。珍しく [MADE IN JAPAN] だった。



Amazonではこの価格なのだが、Yahoo!ショッピングでは2,700円だった。これ
楽天でもそこそこ安い値段で出ている。これ


さて。

関西ではまだまだ森友学園のニュースが多く流れているが、関東では殆ど聞かなくなったらしい。代わりに報じられているのが、千葉県での女児殺害事件。被疑者逮捕を最初に報じたのがどこかは知らないし、どのように報じたのかも知らない。ただ、讀賣新聞が「14日13時38分」に報じた記事には、以下のような一節があった:

捜査関係者によると、現場の遺留物と、○○容疑者のDNA型が一致したという。
※被疑者名伏せ字は小生の処理

その後の報道は「保護者会の会長が犯人だとすると、自衛手段がない」と、判で押したようなコメントばかり。ま、そういう感情が出てくるのは不思議ではない。子煩悩であったとか保護者会での活動に熱心であったとかとも報じられている。

「現場の遺留物」これを採取するのは、暴風雨でもない限り難しい作業だとは思えない。問題は、記事にある「容疑者のDNA型」である。国内に居住している人の全てのDNAデータを警察が持っている筈がない。酒井法子の覚せい剤事件での「最初は任意での採尿」は記憶に新しい。強制的に採尿するには裁判所の許可が要る。尿採取ですらここまで厳格なのだから、DNA採取にはもっと厳格である。小生も5年前、検察からDNA採取を求められたが、詳細はこちら、あくまでも任意であり、採取の前に同意書にサインをした。弁護人が側にいないので拒否して心証が悪くなるのを恐れてサインせざるを得なかったのだが、任意だった。

そうすると、である。逮捕状すら出ていない民間人に対してDNA採取ができるのか、という問題が生じる。事件の発覚が先月26日とされているから、凡そ三週間の間に今回の被疑者から任意でのDNA採取ができたのかと考えると甚だ疑問である。

とすると、警視庁か警察庁のどちらか或いは両方に、今回の被疑者のDNAデータが存在していたと考えるのが自然である。即ち、被疑者は以前に何らかの「こと」を起こしていたということになる。不起訴処分や無罪になった可能性もあるし、小生のように(性犯罪とは)何の関係もない事件だったかもしれないが、DNAを採取されていたことは間違いがない。

このように書くと「性犯罪の前歴のある者については情報を開示せよ」という声が上がってくる。ならば、窃盗の常習犯はどうなるのだろうか。そんな人が刑務所から出てきたことがわかれば、商売人ならばすぐにでも知らせてもらいたいはずである。ねずみ講で捕まった人間がムショと社会を往復していることも有名だし(円天の波和二など)、豊田商事の残党がペーパー商法を繰り返していることも知られている。最近ではオレオレ詐欺から振り込め詐欺、特殊詐欺と進歩(?)してきた詐欺に、再びオレオレ詐欺が増えてきている。オレオレ詐欺で捕まった連中がムショから出てきたからである。

殺人の累犯の場合は死刑か無期懲役になるので、被害が拡大することは少ない。だが、他の犯罪の場合は刑法を抜本的に変更しない限り対処できない。しかし、そうすると有罪判決を受けた者の社会復帰がより難しくなり、累犯が増えることになる。性犯罪者の情報を開示すれば、もとのコミュニティでのその人の犯罪は防げるだろう。けれども、他の地域で性犯罪被害者が生まれるだけである。これは窃盗や詐欺、薬物も同じ。

……、さて。

非言語コミュニケーション

  • 2017.04.14 Friday
  • 15:04
こちらには何の悪気もなかったのである。このことを先に断る。

本日の昼前の、地方銀行のロビーでのできごと。機械が吐き出した整理券を手に、何をするでもなく待っていた。何かをしていればよかったのだと思う。iPhoneのゲームでもメールの作成でも。だが、腐ったような時間を惚け惚けと過ごすのも好きな小生。フロア担当の女性の行員が近づいてきた。近づいてきた瞬間にまずいと思ったのだが、遅かった。

「簡単に作れます♪」というクレジットカードの宣伝、ノルマもあるんだろうな。小生自身は作ることができないことを承知しているので、「いや、あの」「特に興味はないので」とお茶を濁した。しかし、濁ったお茶などノルマが課せられた社員にはスタートの合図に過ぎない。「ちゃんとした仕事に就いているわけでもないので」といっても無駄である「パートやアルバイト、非正規でも大丈夫です!」。

「年間手数料は無料です!」「関西の私鉄に乗るときに定期券としても使って頂けます!」と攻めてくる。「いや、まあ」と逃げる小生に「審査は簡単なものですから」と輪を掛けてくる。向こうがカードを作るためのハードルを下げれば下げるほど、本当のことを言い難くなる。銀行ロビーのセールスには、負けた経験があるのである「誰でも作れますので」。そのときは根負けして、申し込み用紙の所定の欄を埋めた。結果、予想通りの「不可」。

小生の実移動距離は突っ掛けで移動できる範囲であり、電車に乗るのは月に1,2回。それもチケットショップでの割安券で足りている。ICOCAは必要ない。カードでの買い物はデビットカード。レンタルDVD業界のようにデビットを受け付けないところもあるが、大抵のところでクレジットカードと同等に使える。

だが、「デビットカードで足りています」という説明は通じない。セールスはそこを突いてくる「こちらのカードですと、年会費は一切掛かりません!」。確かに一年につき千円を払っている(JALの500マイルが戻ってくるので、実質は500円)。

「簡単に作れます!」「バイトやパートでも大丈夫です!」

「簡単に作れます」とは審査に通るのは簡単ですと同意であり、余程の事がない限り審査には落ちないということ。指定暴力団の構成員でもない限り、とでも言いたそうである。ここに至るまでに整理券番号の呼び出しがあれば助かるのだが、今日はそれがなかった。そうして「誰にでも作れるんですかぁ」「はいっ!」、ここでベクトルを逆転させる台詞を言わなければならなくなる:

「実は以前、そちらのカードを申し込んで落ちたんです」



先方は絶句する。ハードルを下げた分だけ、気まずい思いをさせることになる。それでもこちらに非があるのではない。後ろ遠回しに断っていたのである。

「当たり前」を否定するアベとその仲間

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 15:58
まずは出典を示さずに二つの社説を並べる。

一つ目(4月6日付):
 教育勅語は、大日本帝国憲法と不可分の存在だった。その事実を忘れてはならない。
 政府は「教育勅語を我が国の教育の唯一の根本とするような指導を行うことは不適切だ」とする答弁書を閣議決定した。民進党議員の質問主意書に答えた。政府がこれまでに表明していた見解に沿っている。
 答弁書は、教育勅語を「憲法や教育基本法等に反しないような形で教材として用いることまでは否定されない」とも言及した。
 実際、高校の日本史や公民の教科書には、教育勅語の全文や抜粋を掲載しているものもある。日本の大きな転換期だった明治から昭和期にかけての歴史を学ぶ教材として、教育勅語を用いることは、何ら問題がないだろう。
 ただし、道徳などで教育勅語を規範とするような指導をすることは、厳に慎まねばならない。
 明治天皇が1890年に、君主に奉仕する「臣民」への教えとして示したのが教育勅語だ。
 「皇祖皇宗」以来、連綿と続いてきた「国体の精華」の維持を教育の根源とした。危急の大事には、皇室・国家のために尽くすことを、天皇が国民に求めている。
 天皇中心の国家観が、国民主権や基本的人権を保障した現憲法と相容あいいれないのは明らかだ。道徳の教材に用いれば、学校での特定の政治教育を禁止した教育基本法にも抵触する可能性がある。
 戦後、国の教育指針は、現憲法の精神を踏まえた教育基本法に取って代わられた。1948年には衆参両院が、教育勅語の指導原理を排斥し、失効させる決議を採択した。教育勅語は、法的効力を失った史料に過ぎない。
 国有地売却問題で揺れる森友学園は、運営する幼稚園で園児に教育勅語を暗唱させていた。
 これに関連して、稲田防衛相は国会答弁で、「道義国家を目指すという教育勅語の精神は取り戻すべきだ」と述べている。
 確かに、親孝行や夫婦愛など、現在にも通じる徳目を説いている面はある。しかし、教育勅語を引用しなくても、これらの大切さを教えることは十分に可能だ。
 菅官房長官が「政府として積極的に教育現場で活用する考えはない」と強調したのは当然だ。
 過去には、建国記念の日に校長が教育勅語の朗読をしていた島根県の私立高校に対して、県が改善を勧告した事例もある。
 教育現場で憲法や教育基本法の趣旨に反する行き過ぎた指導があれば、是正する必要がある。


二つ目(4月9日付):
 教育勅語を巡る応酬が収まらない。勅語は大日本帝国憲法の下、天皇を君主、国民を臣民とする国家観を補強する目的でつくられた規範だ。史実として学ぶ意義はあるが、子供たちの道徳教材として用いることは妥当ではない。
 政府は教育勅語について「憲法や教育基本法に反しないような形で教材として用いることまでは否定されない」との答弁書を閣議決定した。現に中学、高校の歴史、公民などの教科書には勅語の全文、または一部が掲載されている。近現代の史料として勅語の果たした役割を学ぶことに異論はない。
 むしろ勅語が示す家族国家観が戦時の総動員体制とどのように融合したのかなどを、生徒の発達段階や興味、関心に応じ、能動的に学ぶことは、新しい学習指導要領の趣旨にも合致するだろう。
 今回、教育勅語が注目されたのは、学校法人「森友学園」(大阪市)が運営する幼稚園で、園児に暗唱させていたことが問題視されたからだ。勅語が説く夫婦愛などの徳目が現代社会でも通じる、と擁護する閣僚の発言もあり、波紋が広がっている。過去の経緯を踏まえ、冷静に議論すべきだ。
 教育勅語は1890年、大日本帝国憲法が施行された年に発布された。親孝行など臣民が守るべき徳目を列挙する一方、「万一危急の大事が起こったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身をささげて皇室国家のためにつくせ」(旧文部省の通釈)と説く。
 個々の徳目の当否以前に、天皇が臣民に説諭する「語りの構造」自体が、国民主権を原理とする現憲法になじまないことは明白だ。1948年に衆参両院が、排除や失効を決議したゆえんである。
 その意味では、学校現場を預かる松野博一文部科学相が、「道徳を教えるために教育勅語のこの部分を使ってはいけないと私が申し上げるべきではない」との認識を示したことには違和感を覚える。
 勅語は部分ではなく全体の効力を失ったと解すべきだ。道徳の教典として復活させてはいけない。


字面だけ見ていると朝日新聞か毎日新聞の社説と思わされるが、一つ目は讀賣新聞の社説で、二つ目は日経新聞のそれ。

安倍晋三は教育に熱心だと自負しているようだが、現場の教員や私教育に従事している者は安倍よりも実態に詳しい。小生は小さな学習塾を外野から手伝っているだけだが、それでも安倍よりもは現場を知っていると確信を持って言える。県立高校の入試問題が織り込まれた新聞は、後日、販売店に注文したくらいである。

公立高校の入試問題は、公立小学校と中学校で学ぶとされることから出ている。英単語であるならば、中学生向けの教科書は何種類かあるが、全ての教科書に載っているモノしか扱われない。要は、「義務教育を受けていれば解けて当たり前」の問題しか出されない。田中角栄は小学校しか出ていないことで有名だったが、他の総理は高卒どころか大卒ばかりである。

道徳の教科化?構わんよ。しかし条件がある:
あなたが受けてきた教育では道徳が無視されたが為に、今のような横柄な態度を取っていることを認めること

小学校での英語の必修?構わんよ。しかし条件がある:
外務省の職員や外国の日本大使館で働いている職員の全てが、中学以前から外国語に触れる機会に恵まれていることを示すこと

海外渡航経験のない小生。英語はなんとかわかる。それはテレビでの東京の言葉を聞いて理解することはできても、話すことができないのと同じ。東京の言い回しを理解しておいた方が、パソコンでの日本語の入力は有利である。外国語も同じである。簡単な注意書きくらいはわかる方がよい。日本で交通標識の「とまれ」を理解できなかった外国人に対して、「外国人だったんですか、ならば読めなくても仕方がないですね」とならないのと同じ。

面喰い

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 14:38
小生は(自分のことは棚に上げて)、面喰いである。
男の履歴書になるのかどうかは知らない。だが、知性は間違いなく顔に出るし、知性のない人はそういう顔をしている。
基準は己の感性。自分勝手な基準。

ここまでを先に断る。

小生はこの人の顔が好きではなかった。全く知性を感じさせなかったからである。喋っているのを聞いて、それが更に強まった。「国民的スター」?知らんよ、そんなモン。

トヨタからiQというクルマが出たとき、「こんなのに乗っているところを人に見られたら恥ずかしい」と思ったのだが、この人はこのクルマを運転しているところを写真週刊誌にスクープされた。「バカな人の乗るクルマをバカな人が運転している」そのまんまの絵だった。

好きな人は好きでいい。個人の自由だ。だが「国民的」と言われると眉を顰めざるを得ない。要はそこにアベの進める「日本『サザエさん』化計画」が集約されているからである。昭和40年代の野球アニメは全て巨人が舞台であり、野球中継も巨人戦だけだった。土曜日にはその名の通り「全員集合」という番組が流され、家族の全てが家に一台のテレビの前に集まった。大晦日の紅白歌合戦はその集大成。

だが、否定し難く時間は流れているのである。見たいコンテンツがあっても、テレビやラジオの放送時間に合わせる必要はない。また、野球のほかにもたくさんのスポーツがあり、スポーツのほかにもたくさんの魅力あるイベントがある。

「一億総活躍」?一つの目標に一億が一つになる?
知性の欠片も顔に出ていない安倍晋三が宣った言葉。

オリンピックにも万博にも何の興味もない小生。北海道や北陸、九州で進行中の新幹線工事をとりやめ、熊本や福島の被災地や北海道の鉄道の復旧に回せばよい。土建屋が儲かることには変わらないのだから構わない。……、しかし、新幹線や万博、カジノといった新しいものの建設でなければならんらしい。面(ツラ)の悪い連中の思考、嗜好。

なんだかなぁ。

status

  • 2017.04.10 Monday
  • 18:00
拙宅の近くに、新築の一戸建てばかりが並んでいる一角がある。1平方キロくらいだろうか、製鉄所跡地に造られた住宅地。駅へのアクセスも悪くなく、保育園や学校もあり、病院と診療所も一通り揃っている。買い物にも困ることはない。治安も悪くないので「夢の一戸建て」を構えるには十分な条件。

そういうワケで、クルマを二台ほど駐められるガレージを備えた一戸建てが多数。月に数回、ドラッグストアへのショートカットとしてその界隈を通るのだが、新しいのは家だけでなく駐まっているクルマも新しい。新しい家に古いクルマはイカンらしい。クルマは新しいだけでなく、磨き上げられている。軽自動車がある場合もあるが、それはセカンドカーであり、メインは3ナンバーのデカいクルマ。クラウンと(トヨタ)86が並んでいる家もあった。

……、本当に経済力のある世帯ならば、こんなところに一戸建てを構えたりしない。新築の家と高いクルマ。相当大きなローンが組まれている筈である。

「いつかはクラウン」?今ならば、LEXUSや外車もクラウンと同じ位置に入り得るのだろう。「この家とこのクルマを所有するだけの経済力があるのだ」と誇示するため、誇示したいため。そんなモノのために借金に追われる汲汲とした暮らしを送るのか。

「クラウンに乗るよりも軽自動車に乗ることの方がステータスであり、軽自動車に乗るよりもクルマを持たない方がステータス」とは3年前に逝去された、阪大名誉教授の言葉。

今年で築30年になるアパートに住み、軽自動車どころか自転車すらも持っていない小生。

類友(承前)

  • 2017.04.09 Sunday
  • 18:35
「確か、この人の著作にあった表現」と思い乍ら書棚から本を引っ張り出し、該当箇所を探す。しかし、見つからない。
索引にも載っていない。諦める直前に、ネットに当たった。目的とする表現とキーワードでググると、ヒットした。手許の書籍のどこにその表現があるのかもわかったのだが、珍妙な感覚だった。


さて。


「つまり、私の友人知人は皆、アタマが悪いと?」
このように訊かれた小生は、次のように応えるしかなかった、
「そう考えるのが妥当でしょうねぇ」。

県営住宅自治会の、役員会での話。七年近く前になる。全くロジックの通じないバカに、「お前、アタマ悪いんじゃないの?」と小生が宣ったのがきっかけ。5人の役員での話し合いがお開きになった後、そいつが「○○さん、残ってください」と個人攻撃してきた。兵庫県川西市に存在する県営住宅の、二階の角部屋にパラサイトしている独身ハゲ。50歳近い(はず)。

「私、今まで『アタマが悪い』なんて言われたことありませんよ!」と激昂した先方。「それはあなたの周辺が同程度の知的水準の人で構成されていたからじゃないですか?」と当然の推論をしただけなのだが、冒頭の台詞が却ってきた。

ある人がアタマが悪いとして、それは環境にも依存することは否定しがたい現実。小生自身も「アタマ悪い」とは数え切れないくらいほど言われ、言ってきた。類語に「ちょっと考えたらわからんか?」。

大学の学生寮にいた弊害かもしれない。落ちぶれたとはいえ旧帝大の一つであり、文系であろうと理系であろうと五教科の試験を受けて入ってくる。イベリア半島のレコンキスタについて、その名称についてすら無知だった小生に数冊の新書を貸してくれた友人。一般社会ならば「世界史を習わなかったから」というエクスキューズが使えたはずだが、「ならば勉強しろ!」と新書を貸してくれたのである。知らないことが罪なのではなく、知ろうとしないことが罪なのである。

成蹊大学に小学校からエスカレータで上がった安倍晋三。大学へはアルファロメオで通学していたという。まともに勉強せずにきたのだから、近寄ってくる連中の人となりも容易に想像できる。

「アタマ悪い」、言う方か言われる方かどちらが悪いのかは知らない。幾つかの資料を示して「だから、こうだろ?」と示してもアタマの悪い奴は納得しない。客観的資料でもってしても納得しない奴には、何を言っても無駄である。現状は、「アタマ悪い」と宣う側が損をするだけらしい。

学習しない奴の権利が学習した奴の権利に優越する。やってられん。

類友

  • 2017.04.07 Friday
  • 17:03
一昨日、美容室でヘアマニキュアを入れた。毛染めとは異なり、コーティングに近いモノ。よって、髪を傷めることはなく、寧ろ保護してくれる。一年に一回くらい、気が向いたときにやっている。普通の人の3倍以上の薬剤量を必要とするので、特別料金が掛かった。

ただ、この「ヘアマニキュア」という名称は珍妙である。

マニキュアとは手(の指)の爪に施すものであり、足(の指)の爪に施すものはペディキュアという。
[manicure] と [pedicure]

[man(i)] は手を指し(cf. manual labor)、[ped(i)] は足を指す(cf. pedestorians)。よって「ヘアキュア」あたりが適当なネーミングと思われるが、実際は「ヘアマニキュア」が浸透している。大方の日本人の髪は黒いので、その上に色つきのコーティング剤を塗ってもはっきりとわかるような仕上がりにはならない。暗いところで蛍光灯の光を跳ね返せば「おっ!」となり、白髪の部分に塗ったものはきれいに発色する。このくらいの違いが気に入っている。


さて。

この記事のタイトルは「類友」である。「類は友を呼ぶ」の略語であるが、iOSならばデフォルトで出てくる。それなりに通じる表現なのだろう。意味するところは、誰かの友人はその人に似ているというもの。では、「似ている」とは何を指すのだろうか、どこが「似ている」のだろうか?

体格ではなさそうである。ルックス?考え方が似ていれば似るのかもしれない。ここで答えが出てしまった、「考え方」である。好みもそこに含まれるが、言語化可能な類似であることには変わりはない。そして言葉なしに物事を考えるという行為は可能なのかという問題に当たる。人間でなくとも、聡明な犬ならば場を読むことはある。しかし、そこまでである。読んだものから言語なしで演繹することはできない。

「使う言葉が似ている」、類友を簡単に言えばこういうことになる。使う言葉といっても言語を指すのではない。微分積分や三角関数を弄くり回して楽しんでいる連中と、夜中のコンビニの駐車場でたむろしている連中とでは「言葉」が全く異なるはずである。

ここまで考えると、2012年に安倍晋三が首相になってからの多くの大臣の失言と失態も合点がいく。先日の復興相の暴言にしても、あれは失言ではなく「アベの代弁」なのである。アベにすれば自分自身の口から出た言葉ではないので、簡単にクビを切れる。「今村復興相は辞任しろ!」という声が上がっているが、大臣を任命するのが首相である以上、辞任させたところで同じようなのが選ばれるだけである。

アベノミクスはどうなった?アメリカをTPPに参加させる話はどうなった?

権力をバカに持たせた結果である。

卯月の朔

  • 2017.04.01 Saturday
  • 07:55
新しいiOSがリリースされたが、「そんなモンは要らん」と思わされる機能ばかりが増えた。バッテリーの消費も速くなりそうなので、見送り。

さて。

新年度早々、景気の悪い話を毎日新聞と朝日新聞から。

毎日新聞:
自治体の6割で車検など目的外 検査院
2017年3月16日

 国の景気対策として全国の自治体が発売した「プレミアム付き商品券」の使い道について会計検査院が調べたところ、約6割の自治体で、「消費の喚起」という本来の目的に沿わない「自動車の車検代」に利用されたケースがあったことがわかった。検査院は15日、制度をつくった内閣府に対し、同種事業をするにあたっては制度の趣旨に沿って利用されるよう自治体を支援することを求めた。
 プレミアム付き商品券は、全国の自治体が、国の交付金を財源に、10〜40%程度のプレミアを上乗せして販売した。景気浮揚が目的。生活必需品や光熱水費などの支払いではなく、新しい消費の喚起につながる商品購入やサービス利用に使われることが期待されていた。各自治体が事業計画を立て内閣府が審査。事業費として2014、15年度に交付金計1595億円が措置された。
 検査院は交付金を受けた1750自治体のうち248自治体について、商品券が利用された店舗への聞き取りを実施。自動車の車検代に利用されたケースが150自治体で判明した。新しい消費の喚起とは認めにくい商品などの購入に利用されていたケースは他にもあり、プロパンガス使用料は46自治体、医療費は24自治体で確認された。家賃や定期券代、葬儀代への利用もあった。
 内閣府は「真摯(しんし)に受け止めるが、自治体の裁量に委ねるのが前提の事業。自治体の相談に乗る態勢も整えていた。利用対象外の商品を全て提示するのは現実的ではない」としている。【松浦吉剛】




朝日新聞:
エンゲル係数、29年ぶり高水準 食文化の変化が影響か
2017年3月30日05時02分

 消費支出のうち食費が占める割合を示す「エンゲル係数」が急伸している。総務省の家計調査によると、2016年(2人以上世帯)は25・8%と前年から0・8ポイント上昇し、29年ぶりの高水準になった。かつて学校で、低下することが「豊かさを測る尺度の一つ」と教わった係数がなぜ今、上昇しているのか。
 東京都江戸川区のスーパー「いなげや」の総菜売り場で、近所の女性(74)が和洋とりどりのおかずの品定めをしていた。
 「夫の介護で疲れているときはお総菜にしています。手作りするのと半々ぐらい」。女性は要介護2の夫(73)と二人暮らし。介護費がかさみ、年金だけでは足りず月10万円ほど貯金を取り崩して生活する。それでも「食費はかかるけど、そうも言っていられない」。
 「時間がなくて、ついついお世話になっています」と話すのは会社員の女性(44)。夫と共働きしながら2人の子育て中。「割高だけど、時間を買うと思って週に3回ぐらいは買っています」
 高齢化や共働き世帯が増える中、家計の「食」の中身は、かつてと様変わりしている。中でも総菜など「調理食品」が消費支出に占める割合は16年に3・4%と、30年前(1・8%)の倍近くに増加。外食や、ペットボトルで買うことも増えた飲料などが伸びているのも特徴だ。
 経済成長とともに下降の一途をたどってきたエンゲル係数は、05年を境に上昇傾向に転換した。総務省が14〜16年の上昇幅1・8ポイント分について分析した結果、その半分の0・9ポイントを占めたのが食品価格の上昇。円安で輸入食品の価格が上がっているのに加え、中国など世界的な食料需要の高まりなどが背景にある。
 そこに、調理食品や外食の増加などライフスタイルの変化(0・2ポイント)や、将来に備えた節約志向などで消費支出そのものが減った影響(0・7ポイント)が加わった。
 「生活にゆとりのないばあい、他の生活費は減らせても、食料費だけは減らすことが難しいので、一般的には、エンゲル係数が大きくなる」
 30年前の中学「公民」の教科書でこう説明されていたエンゲル係数だが、最近の上昇は貧困の予兆なのか。

 岐阜大の大藪千穂教授は「かつてと違い、高齢化や為替変動、食文化の変化など様々な要因が全部混ざってエンゲル係数が上がっており、『上昇したから貧困』と直結はできなくなっている」と指摘。一方で、「特に低所得者層にとっては今でも生活の大変さを表す指標の一つとして重要な意味を持ち、中身を分析して影響を考えていく必要がある」と話す。(中村靖三郎)


朝日新聞の記事にある「岐阜大の大藪千穂教授」は何を頓珍漢なことを宣っているのか。

現在の日本では、殆ど全ての人が借金を抱えている。借金という言葉が正しくないなら、定期的に支払わねばならない支出を抱えている。

住居や自動車、教育のローンだけではない。通信費や水道光熱費もそれぞれ1万円はするし、食費も当然必要。各種保険、日用品、……。

他方、収入は増えていないのに物価はじわりと上がっている。メディアでは、MVNOの宣伝や電気ガスの「乗り換えたら安くなる」という宣伝。要は従来通りの支出を続けていれば、収入の枠内に収まらないことを意味する。削れるところを可能な限り削っているのが、庶民の生活。それでも帳尻が合わないのか、消費者金融が「カードローン」という耳当たりのよいアピールをしている。クレジットカードよりも手軽で速いというその宣伝は、クレジットカードを作ることができない人が増えていることの証左。小生もその一人であり、専らデビットカードを用いている。

毎日新聞の記事によると、内閣府が「新しい消費の喚起につながる商品購入やサービス利用」を目的として「プレミアム付き商品券」を発行するように制度を作ったとのこと。……、内閣府は何もわかっとらんのだねぇ。

庶民は支出を削減するのに苦労しているのである。「自動車の車検代」「プロパンガス使用料」「家賃や定期券代、葬儀代」こういうところに使われるのは当たり前ではないか。

無視する能力

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 05:52
毎日新聞から:
深谷顧問「都民ファーストは落ちこぼれ」

 自民党東京都連の深谷隆司最高顧問(元通産相)は21日、東京都議選に向けた都連と党本部の合同会合で、小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」が擁立する候補予定者について「自民党の公認を得られない落ちこぼれとか、全く(選挙戦が)やばいという立場の人ばかりだ」と指摘した。出席者が明らかにした。深谷氏はそのうえで「堅実に頑張った人たちに勝つわけがない」と述べ、自民党公認の候補予定者らに奮起を促した。【加藤明子】


アホかいなと思うと同時に、自民党には今でも「落ちこぼれ」が存在するのかと驚いた。

確かに小生が小学生の頃には、どこのクラスにも落ちこぼれが存在した。四十数名の中で数名。クラス替えのときにはそのような生徒が集中しないようにしていたのが、子どもの目にもわかった。だが、現在の小中学校では落ちこぼれは存在しない。従来は数名であった存在が集団で存在するようになった結果、試験の点数分布に二つの山が存在するようになったのである。いきおい、授業もどっちつかずのものになってしまう。

そして従来ならば「落ちこぼれ」とされた成績の生徒が、周囲に似たような生徒を簡単に見つけることができるようになってしまったために、全く危機感を抱かない。算数で言うならば、一桁の足し算引き算を瞬時にできない。指折り数えるのである。自分の置かれている立場の危うさは見えていない、見ようともしない。

・九九と足し算引き算
・ローマ字の読み書き
・天気予報の文章を理解できる程度の国語力

この辺りを就学前の当たり前の能力として中学の教師が扱えたのは、二十年前までである。アルファベットが怪しいので英和辞典が使えないだけでなく、国語辞典もまともに引くことができない。わからない言葉や読めない漢字に出会うと、「無視」するのである。アベの読む原稿にルビが振ってあることは周知の事実だが、原稿を作ったライターもまさか「云々」を読めないとは思いもしなかったのだろう。

教育に熱心と自負している首相がこれである。「無視する能力」が卓越していると考えれば、Facebookで批判するコメントを寄せる主をブロックしたり、国会の前での大勢のデモを意に介しないような言動と辻褄が合う。周囲をイエスマンで固めているがために、平気で強行採決を繰り返す。

共謀罪も強行採決で押し切るのだろう。テロ等準備罪?ならば戦争という国家レベルのテロを画策しているアベとアソー、スガは真っ先に検挙されなければならない。そうならないのだとすれば、「反自民党検挙法」とすべきである。

1ポイント= 1円?

  • 2017.03.16 Thursday
  • 01:40
J-CASTのニュースより:
財布、カードでパンパン、ヨレヨレな人の「共通点」

手持ちの現金や小銭がない時にサッと取り出し、支払いを済ませる。日常生活でカードのお世話にならない人は、いないのではないだろうか。

CCCマーケティングが全国の15〜69歳の男女3006人を対象に調査(2017年1月23日〜1月26日実施)したところ、国民一人当たりが保有するカード(クレジットカードや電子マネー、ポイントカードなど、すべての個人カード)の平均枚数は、約20枚になるという。

多くのカードを持っているのは専業主婦とSOHO

カードの保有枚数は、全体で20.9枚。そのうち、男性は17.8枚、女性は24枚。また、実際に財布に入れているカード枚数は全体で10.7枚。男性は9枚で女性が12.3枚となり、いずれも女性のほうが多いことが分かった。

次に職業別にみると、カード保有枚数が一番多いのはSOHOの27.1枚。次いで、2位が専業主婦の25.4枚、3位が派遣社員・契約社員、会社経営(経営者・役員)の22.4枚と続き、4位が会社勤務(管理職)の22.3枚、5位は公務員・教職員・非営利団体職員の22.2枚だった。

職業別に財布に入れているカード枚数で多いのは、1位が専業主婦の12.7枚。2位がSOHOの12.2枚、3位は派遣社員・契約社員の11.6枚、4位はパート・アルバイトの11.4枚、5位が会社勤務(管理職)、専門職(弁護士・税理士等・医療関連)の11枚となっており、どちらも専業主婦とSOHOが上位となった。

世の中の人たちがどうカードを使いこなしているのか、ツイッターを探ってみると、

「セブンのレジ前で、ナナコカードを財布から探して見つからないとダサイ主婦してたら、店員さんが、財布ごとかざせば 反応するはず! と教えてくれたので、半信半疑で分厚い財布かざしたら... 支払い完了! クレカもポイントカードも、ワオンも入ってたのにwすごい!」
「今日コンビニでTポイントカード使うっていうた主婦が2万ポイントも持ってて唖然とした」
「人見知りにとってポイントカードは得をする為でなく、店員とのやりとりを避ける為に作る。また、ポイントカードを忘れた場合も『忘れました』と申告するのを避ける為に持っていないフリをする。こんなことをしていると財布にポイントカードが大量にたまる」
などと、それぞれの事情が垣間見えた。

ポイントやマイルの貯まりやすいカードを使い分け

 なかには、

「ポイントやマイルの貯まりやすいカードを使うことによって私も含め輸入ビジネスのみならず転売ビジネスに取り組んでいる知り合いは海外仕入れに行く際の航空券や旅行にいく際の航空券にはお金を払った事がないです」
「暇なんでカードのポイントチェックしてたら、マイルと合わせてヨーロッパビジネス一往復行けそうだという事に気づく」

といった景気のいい声もあった。

もしかしたら、カードを使い分けたはいいが、そのポイントを貯め込んで忘れてしまっている人も少なくないかもしれない。

さらに、持っている財布から人柄がにじむとばかりに分析。

「お財布は人生の縮図だなと感じる。お金を持っている方の財布は大体が長財布、スマートだから恐らく中は必要なカード類だけだと思う。お金なく期限ギリギリに払込する方は財布がヨレヨレ、ポイントカード類でパンパンに太っている、札と一緒にレシートが混ざって出てくるなど、お金に無頓着な方が多い」
といった鋭い指摘も。心当たりがある人は少なくないのではないか。

手持ちのカードの種類と枚数は把握しておくべきかもしれない。

※フォント赤色は小生による

小生も小売店のレジで現金を使うことは滅多にない。近場のディスカウントスーパーはポイントカードも何もない店なので、ここでは現金払い。だが、他の店で現金で支払う場面はなかなか思いつかない。コンビニではデビットカードで通じるし、月一の贅沢を味わうための喫茶店のモーニングはTカード(Tポイント)だけで支払っている。ここのホットサンドセットは630円であり、半額であるコーヒーのおかわり(=230円)も頼む。よって860円になるのだが、そのくらいのTポイントは、一ヶ月ほどネットをうろちょろしていれば貯まる。

ここで、オノレの財布を開いてみた。
・免許が2枚
・キャッシュカードが4枚
・ポイントカードが8枚
・病院の診察券が4枚
であった。その他、図書カードと電車の回数券。

免許は自動車運転免許と無線従事者免許証。キャッシュカードは割愛するが、そのうちの一枚はデビットカードを兼ねている。病院の診察券は割愛、そうすると残るはポイントカードである。

・WAON POINTカード(62)
・Tカード(566)
・ココカラファインのカード(265)
・近場の美容室の会員カード
・紀伊國屋のカード(18)
・nanacoカード(0)
・Pontaカード(183)
・Rポイントカード(1,506)

セブンイレブンもローソンも近くにはないので、下の3枚をレジで使ったことはない。「WAON POINTOカード」は近くに使える店があるため、使用頻度が高い。Tカードは上記の通り。ココカラファインというのは中小のドラッグストアが連合したチェーンのカードで、月に一回か二回、買い出しに行く。紀伊國屋はたまに街中に出たとき。

物品の購買で貯まっているのはWAON POINTと紀伊國屋のカード(全て)とTカードとココカラファインのカード(ともに一部)、PontaカードとRポイントカードはネットでのアクセス(クリックやアンケート、ゲーム)のみ。

ポイントが5倍だの10倍だのと宣伝しているけれども、T, P, Rの三つに関しては明らかに利用した金額以上のポイントをもらっている。……、結果として搾取しているんだろうなぁ。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM