最近、流行っているらしい詐欺:「これは冗談ではありません」

  • 2015.07.20 Monday
  • 20:02
本題に入る前に、「アップルは徹底した秘密主義で、次の製品のスペックは公式発表されるまでわからない。故に、いろんな人がこうではないか、ああではないかと推測する」。

であるからして、
00.jpg
このように事前に外部に漏らすようなことはない。「ゲットしましょう」という表現が陳腐。

以下、画面遷移:
01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg


そうして、
11.jpg

↑この画面を下にスクロールすると↓

12.jpg
態々、「ゲットした人」のコメントと27の「いいね」。アホか。


21.jpg
住所入力フォーム、セキュアマークが出ている。芸が細かい。

22.jpg
先方が一番欲しがっている情報を入力する画面。カードナンバーと名義、有効年月、CVVナンバー。

iPhoneがもらえると信じ込んだ人は、バカ正直に全て入力してしまうんだろうなぁ。

見てみたい人は以下からどうぞ(リンクは切ってありますので、コピペで):
http://www.officialrewardcentre.com/freeiphone6/jp/10/index.php

Mine Is Naked.

  • 2015.06.01 Monday
  • 18:57
MINISTOPのコーヒーが作り置きから「その場でドリップ」に代わっていた。セブン方式。ホットはともかくとして、アイスは注ぐだけの方が手っ取り早くてよかったのにな。

保温タンブラーを持参して、自宅に持ち帰った:
2015-05-31 16.27.42.jpg

右が持ち帰ったもの、左がウチのDolce Gustoで淹れたもの(ルンゴ)。同じシュガーとクリームを入れた。
一箱924円で16カプセルなので、

924/16=57.75(円/1杯)

電気代その他を含めると、60円くらいかな。どちらも無難な味でそれなりにおいしく、甲乙つけ難い。とすると、少なくともホットコーヒーは自宅で飲む方が安い。喫茶店だと400円くらいするのだが、あそこには雰囲気という付加価値がある。

J-CASTニュースより:
JKは圧倒的にiPhone好き 「Android使うのは恥ずかしい」というのは本当?
2015/5/31 11:30

東京・原宿の女子高生100人に、スマートフォンの利用についてアンケート調査を行ったところ、AndroidのユーザーをiPhoneユーザーが大きく上回ったことが、アプリマーケティング研究所の調べでわかった。
日本人が「iPhone好き」であることはよく知られているが、その人気を「JK」のパワーが後押ししているかのようだ。

iPhoneを使う理由、「ケースがかわいいから」

アプリマーケティング研究所によると、原宿の女子高生100人のうち、「iPhone」のユーザーは82人、「Android」のユーザーは18人だった。2015年5月21日付でインターネットに公開。「周りにAndroidを使っている子はいますか?」との質問にも、「周りもiPhone」との回答ばかりだったという。
iPhoneを使う理由は、「つかいやすい」「はやい」との声にまじり、「ケースがかわいいから」が最も多かった。AndroidよりもiPhone用のケースの種類のほうが豊富なので、「好みのものを見つけやすい」というのだ。
女子高生のあいだでは、かつてガラケーにデコシールやストラップを付けた「デコ電」が流行った。スマホも、ファッションの一部として楽しみたいということらしい。
一方、Androidユーザーに「どうしてAndroidを使っているのか」聞いていたところ、

「変えられるならiPhoneがよい」
「ドコモでまだ売ってなかったから」
「なんとなく」

など、「仕方なく使っている」というネガティブな理由が多かった。
どうやら、女子高生のあいだに、Androidを使っていると「からかわれる」「恥ずかしい」といった空気があるようなのだ。

こんな結果にインターネットでは、

「カバーが豊富にあるのが理由ってのはわかる」
「男性は実用性、女性はファッションで選ぶ!」
「女は周りと一緒じゃないと不安だとか、のけ者意識があったりするからだろうな」
「周りに流されるのはよくないってよく言われてるけど、調和って大事だよ」

と、女子高生に理解を示す声がある。
その半面、

「iPhoneである必要性がまったく感じられねーよ」
「要はブランド選びと一緒じゃん」
「カワイイからとかじゃないよ。正しくはよくわからないから有名なやつを選んでるだけ」
「知り合いが『あたしのまわりにはiPhone持ちしかいないよ。それ以外使ってんのはおかしい』とか言ってた」

との声もみられる。
なお調査によると、女子高生が一番使っている動画アプリは「YouTube」が80人と圧倒。YouTubeを音楽プレイヤー代わりに使っている女子高生が多かった。また、よく使っているソーシャルメディアは、1位がLINE、2位はTwitterだった。

価格が同じくらいなら、iPhone!

世界的にみると、米グーグルの基本ソフト(OS)「Android」を搭載したスマートフォンのシェアが圧倒。日本は唯一ともいえる「例外」であることで知られている。
調査会社のIDCジャパンによると、2014年のスマホ出荷台数は前年比12.4%減の2654万台。国内スマホ市場が本格的な立ち上がりを見せた2010年以降、初めてマイナス成長となったが、その中でiPhone(アップル、iOS)の出荷台数のシェアが58.7%を占め、その強さを示した。ソニーやシャープ、サムスンなどのAndroid勢は半数にも及ばなかった。
ところが、米IDCのOS別の世界スマホ市場によると、2014年はiOSとAndroidによる寡占状態がさらに進み、両方のOSを合わせたシェアは前年より2.3ポイント増の96.3%。このうち、iOSのシェアは前年より0.3ポイント減の14.8%だったが、Androidは2.8ポイント増の81.5%を占めたのだ。
日本人のiPhone好きの理由の一つには、価格があるとされる。海外では、iPhoneは「高級品」で、Androidのほうが安く販売されている。それがシェアの拡大に寄与している。半面、日本ではiPhoneもAndroidも同じくらいの価格で販売されている。女子高生にしてみれば、価格が変わらないのであれば、「みんなと同じ」ことや「おしゃれ」であることを優先するのは当然のことかもしれない。

インターネットでも、

「カバーとかで選ぶ女子って機械に弱いから、どっちにしたって使いこなしてはいないだろ」
「どうせ自分にあった機種を調べる努力すらしないからな。みんなと同じがいいんじゃね」

との指摘があるように、女子高生がスペックにこだわるというのも考えづらいようだ。


ふーむ。
最初のiPhoneは [3G] だった。2009年2月のこと。こちら
当時は林檎好きが使うもので、「それは何ですか?」「携帯電話です」というやりとりが珍しくなかった。

現在の状況は小生が述べるに及ばず。上の記事の通り。この文章を作るのに使っているマシンには、オーディオデータが53.79GB、映像データが494.7GB、夫々入っている。手許のiPhone 6 Plusは一番容量の大きい128GBのモデルだが、iMacに入っているものを全て移すことはできない。ま、オーディオデータは問題なく移せるので、現状には満足している。

「東京・原宿の女子高生100人に、スマートフォンの利用についてアンケート調査を行った」とあるが、統計学には使えないサンプルの採り方。それでも、女子高生の間ではiPhoneが多く使われているのであろうことは認められる。

「ケース」というのは、国民性なのかもしれない。クルマの塗装も「ボディの錆防止」なのだが、その塗装を守るためのコーティングが存在する。

小生は手許のiPhone にもiPadにもケースもカバーもつけていない。そのままで使っている。iMacのキーボードにはカバーをつけているのだが、これは各キーのハングルシールが剥がれやすいからである。

上の記事の女子高生に関していえば、「同期?何それ?」なのだろう。「ケースがかわいい」というユーザには、母艦の有無などどうでもいいのだろう。

え゛っ!

  • 2015.05.22 Friday
  • 13:53
ポツダム宣言をつまびらかに読んでいないので直ちに論評することは差し控えたい。
つまびらかに承知していない。


前者は朝日新聞、後者は北海道新聞によるもの。国会図書館のサイトで「詳らかに」公開されている。こちら
プリントアウトすれば、紙一枚に収まる内容。見たくないものをここまで露骨に「見ない、読まない」と宣うとは。ま、麻生太郎も「新聞は偏っているから読まない」と総理時代に宣った。現在、財務相。「バカのままでいると、大臣くらいにしかなれないよ」と、自分に子どもがいれば言うかもしれない。言うに違いない。

さて。

マイナビニュースより:
iPhoneユーザーのための「正しい」Mac入門 その1
矢橋司  [2015/05/14]

1.iPhoneユーザーならMacを選べ!

最近では多くの人が、まずはiPhoneを使い、iPadを使い、そのあとでPCを使い始めるという傾向にあるらしい。かつてはまずしっかりしたスペックのPC、その上で連携する周辺機器という順序だったが、今では関係が逆転した形だ。つまりiPhoneあってのPC=パーソナルコンピュータ。確かに最近ではiPhoneだけでほとんどのことができるようになってしまった。であれば、PCをあえて購入する理由は何だろう。就職活動に必要? 自宅でもっと簡単にインターネットを使いたい? するとそのPCに選ぶべきはどの機種だろうか。

このコーナーでははっきりと断言しよう。「iPhoneユーザーならMacを使おう」と。iPhoneと同じアップルが作るMacこそが、iPhoneユーザーが選ぶべき機種なのだっ!(強調!)

iPhoneを使っている人の多くは、iPhoneが(日本国内では)安くて多くの人が使っているから安心と考えて買っているかもしれない。しかしiPhoneを使っていくうちに、とてもシャープで美しいデザインやわかりやすいインターフェイス、そして使いやすさに魅了されていることだろう。アップルの製品は昔から使いやすく、わかりやすいのが特徴で、それはMacから続くアップルの思想そのものだ。

特に最新のMacBookはMac史上最軽量でとても美しく、今後のPCのトレンドを左右するものだ。色もiPhoneに合わせてシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3種類。まるで「あなたのiPhoneに合わせて色を選んでね(はぁと)」と言ってるようではないか! これはもう、iPhoneユーザーなら目をつぶってMacBookを買うしかない。

もちろんデザインだけがMacを薦める理由じゃない。iPhoneに関連する様々なサービス--例えばiPhoneに手持ちのCDから音楽を入れたいとき、Macにある「iTunes」を使えば簡単だし、iPhoneユーザーの多くが直面する「iPhoneのバックアップ問題」も解決する。iPhoneの「写真」にある写真データは、Macにもある「写真」.appに自動的にバックアップされる。さらにMacの「カレンダー」に入力した予定が自動的にiPhoneに反映されたり、iPhoneの「連絡先」が自動的にMacと同期できる。アップル製品らしく、これらの作業があまり考えることなくできるのがiPhoneとMacの連携の良いところなのだ。

昔はPCユーザーばかりだったり、会社で使っているのがWindowsだったりで、WordとExcelが入ってないと! ということもあったが、最近はセキュリティの問題で会社のデータを自宅に持ち帰って作業することもできなくなっている。つまり自分が使うためのPCなら、WindowsでもMacでもいいということだ。それなら!スタイリッシュでiPhoneと連携して使いやすいMacを買おうじゃないか!

てなことでこの連載では、iPhoneユーザーのためのMac選び、Mac OS Xの基本的な使い方、iPhoneとの連携などを紹介していこう。iPhoneしか使ったことない〜という人も、これを読めばMacをバリバリ使いこなせるようになるはず。すでにMacを持っている人も、意外な連携方法を見つけることができるかもしれない。これから続くMac OS Xのバージョンアップ、iOSのバージョンアップによって増えていくだろう便利な機能も紹介していきたい。この連載を読めばあなたも立派なMacユーザーになれる!

※フォント赤色は小生による

ビギナー向けの文章であるが、ここまで理解している筆者は林檎ビギナーではない。そういう人の文章のリードとして、「最近では多くの人が、まずはiPhoneを使い、iPadを使い、そのあとでPCを使い始めるという傾向にあるらしい」と書いたことに脱帽した。

そうなのかもしれないと思ったことがなかったワケではないが直視しなかったのは、安倍晋三と同じなのかもしれない。電車には月に一度しか乗らないのだが、iPhoneを手にしている人がそこここにいる。サラリーマンも学生も。流行りなのか、手帳風のケースが使われていることも多い。

あまり他人のデバイスの画面を覗き込んではいけないので一瞥するだけだが、所謂「落ちもの」のゲームをしている人が多い。そうして、ヘッドフォン端子には何も刺さっていない。

iTunesにはWindowsバージョンもある、見たことも触ったこともないけれど。林檎ほどではないにせよ、母艦の役割は果たしうる。だが、多くのiPhoneユーザが「ケータイ」と同じようにスタンドアローンで使い始めていることになる。アプリの購入は仕方がないが、楽曲までiTunes Storeで買っていると直ぐにカネが尽きる。「CDをiTunesに取り込んで、Geniusから楽曲情報やジャケットの画像を取り込んで」という使い方はしないのだろう。

好きな楽曲はYouTubeで聴くのだろうか?そんな使い方をしていると7GBなんてあっという間。iTunes Storeには映画もある。3GBを超える大きさのものもある。

こういうことがあるのか

  • 2015.03.12 Thursday
  • 20:47
髪を伸ばし始めて五年目に入った。

今までの二回は四年目に切っていたので、未知の領域に入ったことになる(三回目に伸ばしたときは三年半で切った)。そうして、今の美容師さんに世話になったのは2013年の1月から。近所にできたばかりの美容室で、技術がありそうに見えたので最初から指名した。

ここまでならば何と言うことはない話である。

小生は林檎愛好家であり、ことえりで利用可能な辞書を制作、販売をしていて、雑誌にも何回か取り上げてもらったことがある。そのせいか「こちらは先方を知らないが、先方はこちらを知っている」という場面に、稀ではあるが遭遇する。

更にiMacにiPhone、iPadを利用しているので、0120-27753-5に電話を掛けることもある。最初に応対してくれるオペレータが問題を解決してくれた試しはなく、技術のある人に電話がまわされる。そこでも解決できないことが少なくなく、その場合、こちらの連絡先を先方に伝えるか、相手へのダイレクトな連絡先を伝えられるかのどちらかになる。

仕事柄(?)、辞書関係のトラブルが大半なのでトラブルが起きた状況を説明するために、こちらの正体を明かすことがある。「作者さんですか!」と山葵辞書の作者であることを驚かれる、こともある。この辺りまでも、まあ、想定可能な範囲。

話を美容室に戻す。こちらがMac Userだと明かすと、担当のスタイリストさんのパートナーさんも同じとのこと。「兵庫県のこんな田舎にもMac Userがいるのか」と幾らか驚くものの、まだ、理解可能な範囲。

その人、つまりスタイリストのパートナーさんがAppleSupportのジーニアスで、嘗て電話でトラブルに対応してくれた人だとわかったのが、本日。

こういうことがあるんだなぁ。

染む

  • 2014.11.02 Sunday
  • 18:18
SIMMとはDIMMの対義語で……と認識するのは時代遅れらしく、昨今は [M] は一つでいいらしい。

31wvLxZaUkL.jpg
※Amazonのサイトより

拙宅にあるのはiPhone 4(32GB)とiPhone 5(64GB)である。
前者のOSは7.1.2(サポート最終バージョン)、後者は8.1。勿論、通信会社と繋がっているのは後者だけであり、前者は自宅の無線LANの中でしか動かせない。過日の風呂場のスピーカを動かすのにも使っているし、radikoやらじる★らじるの聴取も問題ない。

他にはSonyの [Reader] や青空文庫ビューアである「neo文庫」、Appleの「iBooks」を入れてある([kobo] と [Kindle] は入れていない)。どれも扱うのはテキストデータなので、大した容量にはならない。読むだけならばWi-Fiも不要でバッテリの減りを気にすることもない。

然し乍ら、タイトルである。これを使えば「5」のnano SIMを「4」で使えるmicro SIMの形に変えられる。ダメもとで試してみたところ、「『4』が電話になった」。非常時用の充電器は持っているけれども、この方が手っ取り早い。

Local Area Network

  • 2014.10.24 Friday
  • 23:12
iPadでの着信画面:
着信画面.jpg

iMacの方もYosemiteにアップデートすれば、iPhone向けの電話を受けることができるらしい。
アップデートしないけどね。

但し、これにはいろいろとデバイスに制限があるようで、

・iPhoneと同じApple IDのデバイスであること
・iPhoneも別のデバイスも共にWi-Fiに接続されていること
・iPhoneが基地局の圏内にあること
・共にiOS 8以降、Mac本体の場合はYosemite以降のOSがインストールされていること

モバイルルータを常時携行している人か自宅やオフィスにいる時間の長い人くらいしか、この機能の恩恵を受けることはできない。パフォーマンスとしては面白いけれども、大して役に立たない。

携帯電話の基地局⇄iPhone⇄個人のLAN⇄iPadやiMac

このような繋がり方らしい。めんどくせ。

尚、拙宅の自宅LANは有線と無線の併用で、ベースとなっているのはホワイトBBのモデム。そこからバッファローの有線ルータを介して「Mirrored Drive Doors」「Blu-rayレコーダ」に繋げてあり、もう一つの有線ラインはiMacに繋げてあるのだが、途中にfonルータをかませてある。iPadやiPhoneはこれを経由して繋がる。iMacでテレビ番組表をチェックして、気になった番組があれば [HD] ボタンをクリックする。只、これに関してはBlu-rayレコーダ本体を起動させた方が確実で、速い。仕切っているのは襖一枚だけなのだから。

小生のiPhoneの呼び出し音が鳴ることは、滅多にない。掛けることはもっと頻度が低い。請求書の通話料金欄は大抵、「0円」。IP Phoneはそこそこ使うが、500円から1000円の間。学生の頃は500円のテレホンカードが何枚も必要であったのが懐かしい。

最後にこの自宅LANを維持するために必要な費用(電気代と税は別、ユニバーサルは込み)。
・NTTダイヤル回線:1,443(税別)-
・ソフトバンクの固定費(基本料とパケット料金):5,069-
・ホワイトBB:1,455-

小計:7,967-

「握りの極み」何だか寿司みたい

  • 2014.10.21 Tuesday
  • 19:32
iPhone 6の購入を見送ったので、出費に少々の余裕。
でもって、新たなトラックボールを導入。夏前に新しいのを購入したばかりなのだが、こちら、使い方がヘヴィなためかボタンの反応が悪くなってきた。

2014-10-20 15.42.23.jpg
新しく導入したのが左。ELECOMの [M-XT1URBK] というUSB有線タイプ。Bluetoothを使うタイプよりも標準価格で二千円以上安い。実勢価格では3,900円(無線タイプは4,880円)。

クリックボタンの他にボタンとなり得るスイッチが5つもある。スクロールホイールを左右に倒すのも、その一つ。音量の上下に割り当てた。小生の使い方の範囲では、Magic Trackpadを超えた。今まで使っていたのは、MDDに回した。

それにしても、どうして有線接続はそんなに嫌われるのだろうか?

小生はまだ暫く、Mavericksに留まります。

  • 2014.09.17 Wednesday
  • 13:03
積ん読を崩していたときに零れ落ちてきたしおり。
表:
さくら銀行しおり(表).jpg
裏:
さくら銀行しおり(裏).jpg

文春文庫に挟まっていたのだと思われるが、「さくら銀行」とは懐かしい。太陽神戸三井銀行の設立が1990年で、「さくら銀行」という行名はWikipediaによると1992年4月から2001年3月まで使われていたらしいから、その時期に購入した文庫本だったのだろう。裏面の「VHSビデオテープ」の宣伝も懐かしい。DVDレコーダ(プレーヤ)はまだまだの時期。

さて。

拙宅には幾つもの林檎がある。スマートフォンと呼ばれるものとタブレットと呼ばれるもの、そうして押し入れで眠っているものを除くと、MDD(Mirrored Drive Doors)とこのブログの更新や山葵辞書の編纂に使っているiMac(Mid 2011)の二台になる。

手許のMDDとiMacの間には大きな差があるが、手許のiMacと現行のiMacとの間には大した差を見出せない。ストレージもメモリもクロックも。

でもって、程なく新しいOSであるYosemiteが正式にリリースされるのだが、このOSの日本語入力はことえりではない。当然、それに向けた辞書も使えないことになる。山葵辞書(差分アップデータ)も例外ではない。一週間ほどYosemiteをβ版で使ってみた。いろんな部分がよくなっているのはわかったが、自分好みに調教した入力装置が使えなくなるのは痛い。

MDDを使っている理由は「OS 9起動が可能であること」に尽きるのであって、iMac(Mid 2011)は「ことえりを使えるマシン」として使い続けるため、OSはMavericksに留める。

スクリーンショット 2014-09-16 14.05.37.jpg

スクリーンショット 2014-09-16 17.52.10.jpg

復元中

  • 2014.09.14 Sunday
  • 21:47
タイトル通り。




残り時間3時間47分とな。
Yosemiteはまだベータ版故、いろんな不具合が生じるのは仕方ないが、

「ことえりの切り捨て」

は全くの想定外だった。かわせみかATOKが必要となるのだが、十年間育ててきた辞書が使えなくなるのは余りに忍びない。iOSだとアップグレードは片道切符だが、OS Xの場合はTime Machineその他で「呼び戻す」ことができる。

とは云え、どのMac Userも大なり小なり自分の辞書を持っているはずで、User無視に過ぎる。

いやはや。

不安

  • 2014.05.30 Friday
  • 23:51
「悠仁親王が年頃になったときに好きな人ができたとして、
 その人が外国籍だった場合はどうなるのだろうか?」

一つ前のエントリから、そんなことを考えた。「日本民族」という意味不明の言葉が出ているが、青い目で金髪の女性との間に生まれた子どもも「タテイト」をなすことになる。「そういう女性との結婚は許されない」とするならば、仮に身分が皇族であったとしても明らかな人権侵害である。

ま、皇室に関しては象徴天皇制が維持されていれば、小生としては何の不満もない。好きにしてくれていい。




スクリーンショット 2014-05-30 23.05.20.jpg

これは、小生が主に使用しているiMacのデータである。
21.5-inch, Mid 2011とされるものだが、現行のiMacとスペックは大差ない。Mac miniやMacBook Proなら現行のものよりも勝る。只、Mac Proからは劣る。

そういう状況の中で、今年のWWDCが行われる。[OS XI] となるのだろうかと期待と不安が交錯する。否、不安だけである「ことえりは残るのか?」。

「ことえりの問題は辞書にあるのであって、ポテンシャルはまだまだある」そういうことを、拙作「山葵辞書」で示したつもりでいる。

[OS X] がリリースされたときは「エンジンがG3でもインストールは可能だけれども、使用に耐えない」というものだった。今回はiMacのみならず、Mac mini、MacBook Pro、MacBook Air、Mac Pro全てを一新してくるものと思われる。エンジンも一新されると、小生としては「G3 の追体験」となる。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

******

******

******

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM